日本マイクロソフト株式会社のメールサービス「Microsoft Office 365」をソフトバンク・テクノロジーが他社提供に向け、先行して自社導入


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川 憲和、本社:東京都新宿区、以下:SBT)は、ソフトバンクグループ向けに提供しているイントラネットASPサービスのメール機能を、日本マイクロソフト株式会社(以下:MS社)の提供するクラウドサービス「Office 365」に移行することを決定し、自社内のシステムの早期移行を完了しました。

【全面移行の背景】

■ソフトバンクグループ内における災害対策性向上やMS社の他サービス利用も視野に
SBTでは、これまで長年に渡り、ソフトバンクグループの各社向けに、ActiveDirectory®、Exchangeメールサービス、イントラネット上のファイルサーバ等のサービス群をクラウド化し、自社のリソースによって導入・運用保守・提供していました。 今回、コスト的メリット、災害対策性の向上やSharePointRやLync®といったMS社の他サービスの利用も視野に入れ、Exchangeメールサービスを「Office 365」に全面移行することを決定しました。
ソフトバンクグループ内の移行に先立ち、SBTでは、6月より段階的に「Office 365」への移行を開始。6月28日付けでSBT全従業員(外部社員含む)の約600ユーザの移行が完了しています。

【今後の展開】

■ソフトバンクグループ外への「Office 365」の導入・移行支援サービスを提供
SBTでは、ソフトバンクグループ外の顧客向けにActiveDirectory®、Exchange環境のオンプレミス型での構築・運用サービスを提供しておりますが、今回の経験を元にして、従来のサービスに加えて「Office 365」への導入・移行支援サービスの提供をおこなってまいります。

▼ SBTのマイクロソフトソリューションの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.co.jp/service/list/microsoft365/o365/

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp