ソフトバンク・テクノロジー、データマイニング製品「KXEN」の販売開始

高速かつ最先端のアルゴリズムに基づき、新機軸の分析ソリューションを提供


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川 憲和、以下SBT)は、データマイニング製品「KXEN Analytic Framework(以下、KXEN)」の国内総代理店である株式会社サンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼グループCEO:永山 隆昭、以下サンブリッジ)と販売代理店契約を締結し、4月15日より「KXEN」の販売を開始します。

データマイニングとは、蓄積されたデータに隠れている有益な情報(予測値・特徴など)を見つけ出す手法であり、「レコメンデーション」「行動ターゲティング」といった形で、近年広がりをみせております。その中で「より速く(リアルタイムで)」「より簡単に(専門家に頼らず)」「より詳細に(所得できるデータ全てを利用して)」分析を行いたいと、お客様の要望も高まりつつあります。

「KXEN」は、データマイニング製品として、「予見値・予測値の算出」「セグメント化」「マーケットバスケット分析」などの専門的分析を「分析スピード」「操作性」「信頼性」の3点において強力にサポートすることで、マーケティング部門や企画部門などにおけるキャンペーンROIの向上、分析コストの削減のみならず、サイト運営、製品開発、店舗出店、などに関しても、有効な指標をすばやく提供し、総合的なROIの向上を実現します。

「KXEN」の主な特徴

SBTは、Web解析ソリューションやCRMなどのWebマーケティングサービスや、Web解析結果と業務システムを連動させて、より効果的なマーケティングアクションを導き出すBIソリューション「Web解析 Plus BI ソリューション」など、総合的なマーケティング分析を行うためのシステムプラットフォームを提供しています。

さらに今後は、「KXEN」を活用することで、データマイニングを行ううえでの分析提案、情報提供といったサービス面の強化を図っていきます。

SBT代表取締役社長 石川憲和は以下のようにコメントしています。
「今回の提携により、これまでSBTがWebマーケティングソリューションとして展開していた、アクセス解析やBIソリューションの他に、KXENのデータマイニング製品が新メニューとして加わったことを嬉しく思います。既存のソリューションとのシナジー効果で、より一層、お客様のニーズに沿う形での、総合的なWebマーケティングサービスがご提供できることを確信しております。」

「KXEN」社長 Roger Haddad氏は以下のようにコメントしています。
「厳しい経済環境の今、顧客の消費行動は日々変化しておりマーケティング自体が難しい状況になっています。そんな中、様々な企業がマーケティングにおけるネット依存を強めており、新しいマーケティング活動を模索しています。今回Webマーケティングで実績のあるSBTと提携できたことは、そんな日本市場の開拓に更に拍車をかけると期待しています。顧客は常にベストな取引を要求するもの、それに最速で応えられる企業が生き残れる。いかにリソースを最小限に抑え、トータルコストを抑えたままこれを実現するかがカギとなります。KXENはSBTとともにその答えを常に最高品質で提供して参ります。」

「KXEN」社とは
1998年に設立。本社をアメリカ、サンフランシスコに、開発の拠点をフランス、パリに置き、世界20カ国以上の国と地域で次世代データマイニングツール「KXEN Analytic Framework」を販売しています。

「KXEN」の製品内容

以上

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp