ソフトバンク・テクノロジーとコム・アンド・コムの業務・資本提携について

携帯端末を利用した災害時の情報配信、安否確認サービスの展開


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川 憲和、以下ソフトバンク・テクノロジー)と株式会社コム・アンド・コム(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:安田 実男、以下コム・アンド・コム)は業務・資本提携をし、携帯端末を利用した災害時の情報配信、安否確認サービスを共同で行うことになりましたのでお知らせいたします。

携帯メールを利用した災害時の情報配信、安否確認は、現在急速に普及が進んでおり、企業、自治体を中心に今後ますます拡大していくことが予想されていますが、そのためには、利用拡大に向けた高いレベルのセキュリティと、災害時にも充分機能しうる、強固で高速なシステム、災害時を想定した配信方法の確立が不可欠であります。

このような中、両社はそれぞれの強みを活かし、ソフトバンク・テクノロジーはサービスのバックヤードとなるセキュアで強固なシステムの構築・運営を、コム・アンド・コムは、災害情報配信から安否確認までの一貫した統合型安否確認システムを提供することで、携帯端末を利用した災害情報配信・安否確認サービスのデファクトスタンダードを共同で構築することを目指します。

コム・アンド・コムが開発した統合型安否確認サービス「ライフメールR」のノウハウと技術は、すでに国内20以上の自治体、200社以上の企業への導入実績があり、平成15年のサービス開始以来、中越、宮城、福岡など、過去の震災時には多くの被災者の方々の安否確認に実際に利用され、その有用性が証明されております。
また、本システムは、特許(第3818816)を取得しており、その独自性が公に認められており、平成16年度情報化月間において「情報処理促進貢献情報処理システム」に採択され、技術力、独自性、公共性のいずれにおいても高い評価を受けております。

なお本業務提携の締結と同時に、より強固な協力関係を構築するために、ソフトバンク・テクノロジーはコム・アンド・コムの発行する新株式1,500株(発行済み株式の14.2%)を取得しております。

以上

■ 会社概要

社名 株式会社コム・アンド・コム
代表者 代表取締役社長 安田 実男
本社 福岡市中央区天神3-3-7
URL http://www.project-com.com
設立 平成12年2月10日
資本金 157,5百万円
事業概要 全ての人の安全と安心に貢献する製品を開発することを目的に平成12年2月に設立し、主に携帯メールを利用した、災害情報配信、安否確認システムのASPサービスを研究開発・販売する技術集団です。
特に気象情報による該当者の高速自動抽出、配信技術にフォーカスしており、全国レベルの情報配信に耐えうるサービスとして、企業の顧客向けサービス、従業員向けサービス、自治体の住民向けサービス、職員参集サービス、個人向けパッケージを提供しております。

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp
 ○株式会社コム・アンド・コム 総務部
  Tel: 092-736-5602 / Mail:info@project-com.com