通期業績予想の修正及び配当予想の修正(増配)に関するお知らせ


SBテクノロジー株式会社

当社は、本日開催の取締役会において、2021年10月27日に公表した連結業績予想及び配当予想を下記の通り修正することを決議しましたのでお知らせいたします。

1.業績予想の修正について

(1)2022年3月期通期連結業績予想数値の修正(2021年4月1日~2022年3月31日)

売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1株当たり
当期純利益
百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
前回発表予想(A) 65,000 4,600 4,600 2,800 138.40
今回修正予想(B) 65,000 5,000 5,000 3,000 148.25
増減額
(B-A)
0 400 400 200
増減率(%) 0.0 8.7 8.7 7.1 -
(ご参考)
前期実績

(2021年3月期)
52,533 3,855 3,981 2,428 120.25

前年度の実績については「収益認識に関する会計基準」の主要な差異を考慮した、未監査の参考値で記載しております。

(2)業績予想修正の理由

国内企業の競争力強化に向けたデジタル技術の活用ニーズに加え、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、デジタル化の加速は益々進んでおり企業のDX投資への意欲は高まっております。
当第3四半期連結業績の進捗及びプロジェクトコスト管理の強化により原価増加リスクが低減したことを踏まえて、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益の予想値において業績予測を上回る見通しとなりましたので、通期連結業績予想を上方修正いたします。

2.配当予想の修正(増配)について

(1)2022年3月期の期末配当予想の修正

年間配当金
第2四半期末 期末 合計
前回予想
(2021年10月27日公表)
20円00銭 40円00銭
今回修正予想 30円00銭 50円00銭
当期実績 20円00銭
前期実績
(2021年3月期)
15円00銭 25円00銭 40円00銭

(2)修正の理由

当社は、株主の皆様の利益を重要な経営方針の一つと位置付けており、企業体質の強化を図りながら、持続的な企業価値の向上に努めております。株主の皆様への利益の還元策としては、配当による成果の配分を基本に考え、毎期の連結業績、投資計画、手元資金の状況等を総合的に勘案しながら、安定的かつ継続的に配当を実施する方針です。また、当社は、中間配当及び期末配当の年2回の剰余金の配当を実施する方針です。
2022年3月期の期末配当予想につきましては、今回の通期業績予想の上方修正を踏まえ、前回予想から10円引き上げ、1株当たり30円に修正することといたしました。
第2四半期末におきまして、1株当たり20円の中間配当を実施しておりますので、これにより、当期の年間配当予想は1株当たり50円となります。

(注)上記の予想は当社グループが現時点で把握可能な情報に基づき作成したものでありますので、今後の様々な要因によって実際の業績とは異なる可能性があることをご承知おきください。

以 上

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。
本リリースのPDFはこちら

本件に関する報道機関からの問い合わせ先

○SBテクノロジー株式会社 経営企画本部 経営企画部
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-ir@tech.softbank.co.jp