FireEye CM シリーズ

デバイスと脅威情報を一元的に管理

資料請求/お問い合せ

FireEye CM シリーズ

FireEye CM シリーズの概要

FireEye シリーズの管理・レポート作成・データ共有を行う統合管理ソリューションです。

FireEye CM シリーズは、FireEye NX、EX、FX、AX、HX シリーズの集中管理、レポート作成、データ共有を統合し、容易に導入可能なネットワークベースの管理プラットフォームです。
FireEye CM シリーズでは、FireEye の各アプライアンスで自動生成された脅威情報をリアルタイムに共有し、組織に対する高度な標的型攻撃を検知、ブロックします。また、各 FireEye プラットフォームの構成、管理、レポート作成を一元化することができます。

FireEye CM シリーズの特長

脅威の情報をリアルタイムに共有
脅威の情報をリアルタイムに共有
各 FireEye プラットフォームは、FireEye 独自の「仮想環境 MVX エンジン(MVX)」を使用してリアルタイムの脅威情報を生成します。FireEye CM シリーズは、生成された脅威情報を FireEye 環境全体に配信することにより、現在進行中の高度なサイバー攻撃をすべてのプラットフォームでダイナミックに防御します。また、世界中の FireEye によって検知された脅威情報をベースとしてコールバック通信を遮断する「脅威情報シェア型クラウド(DTI)」によって、匿名化された脅威情報の送受信を FireEye CM シリーズで集中管理し、世界中の企業などに導入された FireEye プラットフォームと脅威情報を共有することができます。
セキュリティ状況を素早く把握
セキュリティ状況を素早く把握
さまざまな操作を集中的に行い、セキュリティ状況を正確に把握できる統合セキュリティ・ダッシュボードが用意されています。このダッシュボードにより、感染システム数をリアルタイムで把握し、さらに詳しい調査を行って、次に行うべき対策を判断できます。
Web ベースの GUI コンソールとアラート機能
Web ベースの GUI コンソールとアラート機能
FireEye CM シリーズで使用できる Web ベースの GUI コンソールは、イベントの確認や検索、フィルタリング機能を備えています。また、SMTP、SNMP、syslog、HTTP POST 経由でリアルタイムのアラートを受け取ることも可能です。管理者は、種類や日付、IP アドレス範囲を条件にイベントをフィルタリングできますが、表示されるのはその管理者の役割で閲覧可能な情報のみとなります。アラートは、サードパーティのセキュリティ情報 / イベント管理(SIEM)ツールに送信することもできます。イベントのリンクをクリックすると、該当する FireEye プラットフォームに直接接続し、そのプラットフォームで保護しているネットワーク・セグメントの状況を確認できます。
プラットフォームの構成とアップグレードを集中管理
プラットフォームの構成とアップグレードを集中管理
FireEye CM シリーズは、各プラットフォームの設定を一括して行った後、適切なタイミングでネットワーク全体に配信することができるため、導入作業を効率良く行うことができます。さらには各プラットフォームの構成や設定の確認をリモートから行うことも可能です。また、アップグレードはすべての管理対象プラットフォームに対して同時に配信され、各プラットフォームのセキュリティ機能が常に最新の状態に維持されます。
セキュリティ・データの集約と詳細なレポートの作成
セキュリティ・データの集約と詳細なレポートの作成
各アプライアンスから集約されたセキュリティ・データを使用して、総合的なレポートを作成することができます。また監査に関係するセキュリティ・イベント情報を収集、保存できるため、長期間のデータ保存を求める規制への対応が強化されます。また、名前や種類別に特定の脅威を検索してレポートを作成し、ネットワークの感染ホスト数や検知数の多いマルウェア、コールバック・イベントの件数、地理情報などを集計して確認できます。傾向ビューでは、感染システムの減少状況などを時系列で把握することが可能です。
MVX を使った攻撃サイクルの分析専用機器

MVX を使った攻撃サイクルの分析専用機器

最初の侵入エクスプロイトやコールバック通信、それに続く多数のプロトコルを使用したバイナリのダウンロード試行まで、疑わしい Web コード、 実行プログラム、ファイルに対してマルチフロー分析とバッチ分析を実施します。

製品スペック

左右にスクロールしてご覧ください。

モデル名 CM 4400 CM 7400 CM 9400
インターフェース 10/100/1000 BASE-T x2 10/100/1000 BASE-T x2 10/100/1000 BASE-T x2
管理ポート 10/100/1000 BASE-T x2 10/100/1000 BASE-T x2 10/100/1000 BASE-T x2
IPMI ポート 搭載(背面パネル) 搭載(背面パネル) 搭載(背面パネル)
ストレージ 600GB HDD x4(RAID 10) 600GB HDD x4(RAID 10) 800GB SSD x4(RAID 10)
消費電力(最大) 313W 351W 565W
冗長電源
MTBF 35,200時間 60,700時間 60,700時間
重量 13.6kg 22.7kg 22.7kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 437×706×43.2mm 437×711×86.6mm 437×711×86.6mm
エンクロージャ 1RU 2RU 2RU

* パフォーマンス値は、システム構成や処理するトラフィックの特性によって異なります。


保守サービス

設置サービス ヒアリングシートに従って、機器の設定・設置、オリジナル解析レポートの提出、運用管理者向け教育を実施します。
オンサイト保守サービス ハードウェア障害時、当日中にオンサイトにて機器交換を行います。(ただし契約内容によります)
プレミアムメーカーサポート 一般的なご質問(操作方法など)から障害時の対応を行う製品購入後の 「SBT 製品サポート窓口」になります。


POV(導入前検証)

本製品を導入されるお客様には、FireEye を事前にお客様の本番環境に設置する「POV(Point Of Value)」と呼ばれる導入前検証を実施いただきます。 POV により、お客様が FireEye の導入によって得られる効果をあらかじめ確認することができます。

POV申込フロー
※POV 期間や開始日などについては、要調整となります。
※POV に関しては当社営業担当または下記のバナー「POV(無償トライアル)のお申し込みはこちら」をクリックしてお問い合わせください。
POV申込


資料請求

FireEye に関する詳しい資料をご用意しております。
資料閲覧をご希望の方はこちらの資料請求専用フォームよりお申し込みください。


資料請求はこちら

CMシリーズ


関連ソリューション

本ソリューション以外にも、FireEye にはさまざまなセキュリティソリューションがあります。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。


左右にスクロールしてご覧ください。

分類 ソリューション名 詳細
ネットワークセキュリティ NX シリーズ 標的型サイバー攻撃を正確かつ速やかに検知・防御
MVX 専用機 VX シリーズ MVX 専用アプライアンス
NX シリーズをセンサーモードで使用する場合に選択
ファイルセキュリティ FX シリーズ 共有ファイルやコンテンツに潜むマルウェアを検知・駆除
メールセキュリティ EX シリーズ オンプレミス型の標的型メール攻撃対策
ETP(Email Threat Prevention) クラウド型の標的型メール攻撃対策
エンドポイントセキュリティ HX シリーズ エンドポイント脅威対策ソリューション
フォレンジック AX シリーズ フォレンジック分析プラットフォーム
PX シリーズ 業界最速のネットワークフォレンジックプラットフォーム
統合管理ソリューション CM シリーズ デバイスと脅威情報を一元的に管理
セキュリティ運用プラットフォームソリューション FireEye Helix 高度なセキュリティを実現するセキュリティ運用プラットフォーム
脅威インテリジェンスソリューション iSIGHT インテリジェンス 業界最高水準の品質の脅威インテリジェンスをサブスクリプション・サービスとして提供

セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。