日本初!Gold Enterprise Mobility Management コンピテンシーを取得

マイクロソフトの Enterprise Mobility Suite の導入実績が評価につながる!


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、このたび、マイクロソフトが定めるマイクロソフトパートナーネットワークで、Gold Enterprise Mobility Managementコンピテンシーを取得しましたので、お知らせします。

Gold Enterprise Mobility Management ロゴマーク

Gold Enterprise Mobility Management コンピテンシーについて

マイクロソフトパートナーネットワークは、パートナー企業が、自社の強みを活かしてトレーニングなどの様々な支援を受けることができ、また、エンドユーザーにとっては最適なソリューションを展開するパートナーを見つけやすくするためのプログラムとして設置されている世界共通のパートナー制度です。

Enterprise Mobility Managementコンピテンシーは、クラウドやモバイル活用を促進していく中で発生する「認証」「デバイス管理」「データ保護」「サイバーセキュリティ」に関する課題を解決することができる「Enterprise Mobility Suite」(以下EMS)の取扱いに関する認定制度です。この認定を取得するためには、EMSの導入実績やEMSに関する技術試験・認定資格への合格等、一定のレベルおよび条件を満たす必要があり、そのうち「Gold」は Enterprise Mobility Managementコンピテンシーの最高レベルの認定です。

今回SBTは、定められた条件を満たしたことにより、日本で唯一のGold Enterprise Mobility Managementコンピテンシー取得パートナーに認定されました。(2016年4月6日時点/当社調べ)

SBTは今後も、セキュリティの担保と利便性の確保を両立するクラウドサービスの提供を通じて、クラウドとモバイルを活用したワークスタイルを推進してまいります。

▼ SBTが提供する Enterprise Mobility Suite の詳細についてはこちらをご参照ください。
 https://www.softbanktech.co.jp/service/list/microsoft365/enterprise-mobility-security/

本件に関する報道機関からの問い合わせ先

○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp