ニュース News

プレスリリース

2018年

GRCSのセキュリティソリューションにMSS for Incapsulaが採用
~セキュリティ専門家による運用・監視によって企業のセキュリティ対策運用負荷を軽減~

2018年8月30日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 阿多 親市、以下、SBT)の提供する「マネージド・セキュリティ・サービス for Imperva Incapsula」(以下「MSS for Incapsula」)が、株式会社GRCS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐々木 慈和、以下 当社)のセキュリティソリューションポートフォリオに採用されました。
MSS for Incapsulaは大規模なDDos攻撃にも対応可能なImperva IncapsulaによりWebアプリケーションのセキュリティを強固にするだけでなくセキュリティ専門家による運用・監視によって企業のセキュリティ対策運用負荷を軽減します。また運用・監視にはSBT独自のAIを活用し、より精度の高いかつスピーディーな脅威検知が可能となっています。

GRCSは、企業を取り巻く複合的課題をGRC (Governance、Risk、Complianceの総称)とセキュリティの側面から解決するサービスを提供しており、コンサルティングを始め多くの実績と深い知見があります。当社のMSS for Incapsulaを組み合わせることにより、昨今急増するWebアプリケーションに対するサイバー攻撃に対して、コンサルティングからセキュリティ監視まで一貫したサービスで、企業のセキュリティ対策を総合的に支援することが可能となります。

<Imperva Incapsulaについて>
世界中に配置したImperva社のシステムを活用した、WAF、DDos攻撃対策、DR(グローバルロードバランス)、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)機能を有するクラウド型のセキュリティサービスです。クラウドサービスを利用するお客様やお客様が運営する公開システムを外部攻撃者の不正なアクセスから守ります。
https://www.softbanktech.jp/service/list/imperva/incapsula/

<マネージド・セキュリティ・サービスfor Imperva Incapsulaについて>
高度な分析技術と知見を有するSBTのセキュリティアナリストが24時間365日お客様にかわってクラウド WAF を運用・監視します。攻撃通信のブラック・ホワイトリスト管理や誤検知解除などの適切なチューニングと、より高いレベルへの改善活動による運用・監視を実施することにより、セキュリティレベルの維持・向上と、最新の脅威に対応した最適なセキュリティ対策を提供します。また2018年5月には、独自の脅威検知AIを搭載したログ分析プラットフォームを Microsoft Azure 上で構築するなど、セキュリティアナリストのより高度な分析や、脅威検知のスピード向上といったサービスの強化も実施しています。
https://www.softbanktech.jp/service/list/managed-security-service/mss-for-imperva-incapsula/

■株式会社GRCSについて
GRCSは、企業を取り巻く複合的課題をGRC (Governance、Risk、Complianceの総称)とセキュリティの側面から解決するITサービスパートナーです。コンサルティング及びそのノウハウをベースに開発した、セキュリティインシデントや外部委託先の管理を行うための独自のIT-GRCソリューションや、最新のセキュリティソリューションを提供し、企業経営における迅速な意思決定とその対応を支援します。詳細はこちら(https://www.grcs.co.jp/)をご覧ください。

■ 本件に関する報道機関からの問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

ソフトバンク・テクノロジー 概要

one sbt

ソフトバンク・テクノロジーは、「情報革命で人々を幸せに ~技術の力で、未来をつくる~」という理念のもと、大きく成長することを目標に掲げ、クラウドとIoTに注力しています。クラウドを活用した働き方改革による生産性の向上やコスト削減などの支援に加えて、IoTやAIなどの先端技術を活用してお客様の本業成長に貢献できる真のビジネスパートナーを目指しています。

このページのトップへ