ニュース News

プレスリリース

2018年

57,000ユーザーを超えるクラウドサービスのデータ移行実績が評価、2018 Titan Award を受賞
~米国BitTitan社の世界30,000パートナーの中からSBTがアジア太平洋地域のAward受賞~

2018年8月3日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、このたび、BitTitan, Inc.(本社:米国ワシントン州、CEO:Geeman Yip、以下BitTitan)の「2018 Titan Award」において、クラウドサービスのデータ移行ツール「MigrationWiz🄬」を用いた移行実績が評価され、APAC(アジア太平洋)地域のAwardを受賞しましたのでお知らせします。

Titan Awardは、BitTitanが提供するクラウドサービスのデータ移行ツール「MigrationWiz🄬」を用いて、高い移行実績を残したパートナーを表彰するものです。2015年の第1回目から数えて4回目となる今回は、MigrationWiz🄬を利用する全世界30,000パートナーの中から、「US(アメリカ)」「LATAM(ラテンアメリカ)」「EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)「APAC(アジア太平洋)」「Global Distributor」「Global Solution Provider」の6カテゴリーでそれぞれ1社ずつ表彰されました。SBTの受賞は2015年に続いて2回目となります。

今回の受賞では、24,000ユーザーを抱える国内エンタープライズ企業を筆頭に、総数57,000ユーザー超のクラウドサービスのデータ移行実績と、1年間でそれらの移行を可能にしたSBTの高い技術力とプロジェクト管理における知見が評価されました。

国内エンタープライズ企業の中でもクラウドメールの利用が一般化した昨今、利用中のクラウドサービスから Microsoft Office 365 への移行も増えています。異なるクラウドサービス間の移行では、メールデータに加え、フォルダ構成やファイル、付与されている権限などを正確に移行するのが困難でした。BitTitanが開発したMigrationWiz🄬は、これらの情報をスムーズに移行することが可能で、SBTは積極的に使用しています。

SBTは今後も高い技術力と知見をもとに付加価値の高いサービスを提供し、メールなどのコミュニケーション基盤から業務システムなどのクラウド推進まで、クラウド活用の観点からお客様企業の成長に貢献するビジネスパートナーを目指してまいります。

■ SBTクラウドソリューションについてはこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.jp/service/name/ms/

■ 本件に関する報道機関からの問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

ソフトバンク・テクノロジー 概要

one sbt

ソフトバンク・テクノロジーは、「情報革命で人々を幸せに ~技術の力で、未来をつくる~」という理念のもと、大きく成長することを目標に掲げ、クラウドとIoTに注力しています。クラウドを活用した働き方改革による生産性の向上やコスト削減などの支援に加えて、IoTやAIなどの先端技術を活用してお客様の本業成長に貢献できる真のビジネスパートナーを目指しています。

このページのトップへ