ソフトバンク・テクノロジーについて

SBTの理念

SBTの理念

情報革命で人々を幸せに
~ 技術の力で、未来をつくる ~

ソフトバンクグループは、創業以来一貫して、情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進しています。
私たちソフトバンク・テクノロジーは、お客様が抱える様々な課題をICTサービスで解決することで、豊かな情報化社会の実現を目指してまいります。

成長の軌跡

1990年10月ソフトバンク技研として誕生した当社は、1999年1月に商号をソフトバンク・テクノロジーに変更。ソフトバンクグループ企業のシステム支援や、海外のソフトウェアやIT機器を国内企業に販売するビジネスを展開していました。インターネットの普及に伴いeコマース(電子取引)の運用代行ビジネスが拡大、2006年3月に東京証券取引所市場第一部に指定されました。

2012年度に現在の経営体制に移行し、「どう生き残るか」ではなく「どう成長するか」という観点で全社で議論。No.1の事業領域を創り出すべく、2013年度より「クラウド」「セキュリティ」「ビッグデータ」を注力領域とする第1次3か年計画をスタートしました。大きな仕事を受けられる企業へ成長するために積極採用と技術力の強化を推進。特に、プロジェクト管理体制の強化に注力し、開発プロジェクトの品質向上に努めました。加えて、独自の技術を保有する企業のM&Aも積極的に推進し、3か年計画の最終年度となる2015年度には過去最高の業績を達成。

さらなる成長を実現するべく、その土台作りとして2016年度より第2次3か年計画をスタート。「クラウドへの集約」と「IoTビジネスの開発」を基本戦略に、現在はお客様の本業成長に貢献するビジネスパートナーを目指して事業を展開しています。

成長の軌跡

成長の軌跡

SBTの事業・強み

ICTサービス事業

私たちは、ICTサービスの提供を通じソフトバンクグループ内外のお客様の課題解決とビジネス成長を支えています。

ICTサービス事業

特長・強み

私たちはITのプロフェッショナルであり、注力している「クラウド」「セキュリティ」「ビッグデータ」分野において豊富な実績があります。それぞれの分野で高い知見を持ち、それらをワンストップで提供することができることも特徴です。

クラウド分野

クラウド黎明期からクラウド製品の取り扱いを開始し、800社150万ユーザーを超えるお客様に対してクラウドソリューションを導入してきました。特にマイクロソフト社のサービスを利用したクラウド導入等においては、多くの国内初事例や大規模案件を対応するなど、大手企業や官公庁のクラウドトランスフォーメーションに貢献しています。

クラウド分野

セキュリティ分野

当社は、24時間365日稼働するネットワーク監視センター(NOC)とセキュリティ監視センター(SOC)を保有しています。サイバー攻撃等に対する防御のみならず、攻撃者に侵入されることを前提とした監視や復旧に向けたサービスまで提供しています。

セキュリティ分野

ビッグデータ分野

創業時からのインテグレーション事業で蓄積したノウハウと、2000年からのアクセス解析事業によるデータ活用のノウハウにより、お客様の事業堅守・拡大の両側面から支援できることが特徴です。機械学習やAIといった先端技術をクラウドから提供できることも強みです。

ビッグデータ分野

外部評価

社員の技術力が、当社のビジネスと事業成長を支えています。当社の専門性および高い技術力を証明するひとつが、数多く保有する上級IT資格です。

また、当社が取り扱っている製品・サービスを提供している国内外のITメーカーから、数多くのAwardやMVPの表彰を受けています。

社員・働き方

SBTの社員

2018年4月1日時点で連結従業員数は1,000名を突破しました。当社には、ITに精通したプロフェッショナルが多数在籍し、お客様のビジネスや業務を支えています。また、セキュリティリサーチャーやデータサイエンティストといった専門家による講演活動やメディア・官公庁への情報提供なども行っています。

SBTの社員

※1:SBT単体、2018年3月末時点におけるプロジェクト管理や情報セキュリティの国際的な認定資格、マイクロソフトのシステムエンジニア最上位資格などの保有数
※2:SBT単体、2018年3月末時点

社員の大きな成長が、SBTの大きな成長の原動力

当社では従業員全体の能力を高め、生産性向上のための取り組みを推進しています。

社員の大きな成長が、SBTの大きな成長の原動力

オフィス環境

仕切りや壁をなくしフリースペースが広く取られたオフィス。何気ない会話から、全く新しいアイデアが生まれることも。プレゼンテーションルームでは他拠点と繋ぎ、5画面で多角分析しながら経営会議など様々な議論が行われています。

オフィス環境

グループストラクチャー

親会社について

当社の親会社であるソフトバンクグループ株式会社は、「国内通信事業」「スプリント事業」「ヤフー事業」「流通事業」「アーム事業」「ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業」などを展開しています。

ソフトバンク・テクノロジーグループについて

当社は2012年以降、新しい経営体制で「大きく成長すること」を掲げ、M&Aを強化。独自の技術を持つ企業を仲間に加え、SBTグループとして技術の幅を広げるとともに、グループシナジーによる優位性を強化しながら進化を続けています。

ソフトバンク・テクノロジーグループについて

このページのトップへ