社員インタビュー

インタビュー

職種紹介

SBTはBtoBビジネスの会社であり、営業先は多くの法人のお客様になります。営業職は新規サービスの建付けや販売戦略を立案し、様々な規模の案件提案を行っています。最近では一般企業のお客様だけでなく、公共機関のお客様も増え、仕事の幅が広がっています。

インタビュー

SBTを選んだ理由を教えてください。

インタビュー

SBTを選んだ決め手は「人を見る採用」です。
当時の私は、海外の会社も選択肢に含めていましたが、その中からSBTを選んだのは人事の方が私の中身を見てくれていることを肌で感じたからです。SBTは今の能力だけではなく、これからどう成長するかを重視する会社です。面接ではキャリアやビジョンに加えて価値観や考え方まで問われ、私自身を深く見てくれるSBTに強く惹かれました。

入社してから自分が成長したと感じたのはどんな時ですか。

未知の領域で仕事をすると右も左も分からなくなることがありますが、それに負けず一生懸命に取り組み、仕事の理解が深まったときに一番成長を感じます。
例えば、営業の主なスキルの一つとして「調整力」があります。案件対応において、営業は全ての工程でお客様とコミュニケーションを図り、プロジェクトが円滑に進むよう調整していきます。SBTの中でも部署間の調整が必要です。様々な技術者の協力のもとプロジェクトチームが形成されるためです。配属されたばかりの頃は何もわからずバタバタしてました。しかし、いくつかの経験を重ねることで今はプロジェクトの全体像をとらえ、何が必要で、誰とどんな調整をすれば良いかが分かるようになってきました。もちろんまだまだ力不足な点はありますが、ひと仕事終えたときは「視野が広くなったかな」と思うようになり、自分の成長を実感しています。

仕事のやりがいや喜びを教えてください。

SBTは若手のうちから多くのチャレンジをさせてくれる会社です。
ただ、何をするにも必ず論理的な理由や根拠が必要です。自分なりの論理を組み立て、お客様のニーズや思いを汲み取った上で成果に繋がったときに喜びを感じます。
ある案件で、当時SBTでは扱っていないメニューやサービスを求められました。私はそのとき、これをきっかけに仕事が広がる(=SBTの成長に繋がる)チャンスだと考えました。あらゆる方の協力もあり、自分が思い描いたとおりに案件は成功しました。チャレンジ・論理・成果すべてが揃い、私にとっては一番やりがいを感じた仕事でした。

キャリア

1年目 1年目の今は、様々なお客様先に伺い営業活動を行っています。「調整力」や「コミュニケーション力」を磨いているところです。
未来 将来はSBTの海外事業部を作りたいと考えています。
英語は必須と考えておらず、例えばグローバル感覚がありコミュニケーション能力が高い人材を集めて事業部を立ち上げ、海外の顧客やパートナーを増やしていきたいです。 さらに、ゆくゆくは自分の事業を持ち社長になることが目標です。勝ちパターンのノウハウやアイデアを身に着けるべく、日々学び続けていきます。

メッセージ

インタビュー

SBTの魅力は「人の好さ」と「働きやすさ」です。
大きなチャレンジは陰で上長が見守り、どうしようもない時は手を差し伸べてくれます。チャレンジの促進だけでなく、そのサポートの手厚さにも「働きやすさ」と「人の好さ」が現れているように感じます。
チャレンジを繰り返すことで困難な仕事に慣れ、効率化が出来るようになります。あなたがもし「歯車として使われたくない」「主体的に仕事がしたい」と感じているのなら、SBTに来てください。そしてあなた自身がSBTのエンジンとなり会社を動かす人材となること、そんなあなたと働けることを楽しみにしています。

他の社員を見る