社員インタビュー

インタビュー

職種紹介

私が所属する部門ではクラウドサービスのMicrosoft Azureを用いたソリューションを提供しています。システムエンジニアとしてお客様のご要件をうかがい、設計・開発を行っています。

インタビュー

SBTを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

インタビュー

私が就職活動を行う上で大切にしていたキーワードは「成長」です。能力開発休暇や資格奨励制度など社員の成長につながる制度が豊富なSBTは魅力的でした。若い企業でありながら常に成長を続けている会社のため、自分の成長が会社の成長につながる実感もあります。自身の「成長」を求めている人にはピッタリな会社です。

現在の仕事内容は、MicrosoftAzureの設計・開発です。法人のお客様はもちろんのこと、最近では公共機関への導入実績も増えてきました。より良く!より安く!といった要求に対してお客様が求めている以上のものを提供することが重要です。ビジネスパートナーとして技術力を提供するだけでなく、コミュニケーション能力も求められます。

入社してから自分が成長したと感じたのはどんな時ですか。

入社1年目に、誰もナレッジを持っていない挑戦的な新規プロジェクトに関わりました。プロジェクトチーム全員がゼロベースという環境に身を置き、初めて「自分がやるんだ」という強い責任感が芽生えました。
プロジェクトの中で「ここだけは誰にも負けない!」という自分の強みを見つけ、それを発揮していきました。知らないものに対して積極的に挑む姿勢になったことが自分の成長であり、大きな財産です。

仕事のやりがいや喜びを教えてください。

私は何に対しても自分なりの意見を持ち、その意見を人に伝えようとするタイプです。SBTではその性格が強みになりました。上司や先輩に率直に発言できる環境があり、それが実際の案件につながることがあるのです。「先輩から教わったことをそのままやるだけ」それが今の社会では一般的のように感じます。もちろんSBTも先輩に教わる仕事は沢山ありますが、新しい技術や方法を取り入れて意見を交わしながら仕事を進めていくスタイルなので、やりがいや喜びを感じます。

キャリア

1年目 ゼロからエンジニアのキャリアをスタート
文系出身でITスキルが皆無だった私は、ITの基礎を学ぶことから始めようと思い、インフラの知識を学習できるクラウドソリューション本部の配属を希望しました。自分の希望を受け入れてもらえるところはSBTの一つの良さだと思っています。配属後Office365について勉強しながら他部署や先輩のプロジェクトの手伝いをしたり、積極的に部署外の仕事に関わっていきました。基礎を積み上げることがゆくゆく自分の目標につながると信じて色々な業務をこなしました。
現在~未来 私の目標は「技術の力でより良い未来を作る」まさにSBTの経営理念そのものです。現在その土台となる知識を学び続けています。それを将来的にAI・機械学習とつなげ、教育を変えていく力にしていきたいと考えています。最終的には「AI講師」を実現し、世界の教育格差を埋めていきたいと思っています。

メッセージ

インタビュー

昨日の常識が今日の非常識、それくらいITの世界は変化が激しいものです。絶えず変化し、そして成長していく人々。知識の吸収を楽しみ好奇心を持つ人であれば、SBTで自分の力を存分に発揮できると思います。
さらにSBTは人だけでなく、会社自身も大きな変化を遂げています。オンプレミスからクラウドへの時代の変化を経て、SBTのビジネスはIoTという新たなフェーズに移行しています。そんな変化を恐れずに、むしろ楽しめる人を私たちは求めています。
文系でも理系でも、個性や積み上げたものは必ず仕事につながります。みなさんがSBTの門戸を叩き、個性を発揮し、一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。

他の社員を見る