採用情報 SoftBank Technology Recruit Information

Employee's Interview 社員インタビュー

技術革新が激しいモバイル分野において
トップランナーを目指したい

新卒New Graduates

KT 2011年入社
技術 情報工学科

現在の仕事

社内の新規サービス開発案件に携わっています。私の携わっている案件はSBTの新しいサービスを開発する業務ですので、市場の分析からサービスの方向性の決定、どのような技術を使うのかまで、全て自分たちで進めていく必要があります。「自らで自らの進む方向を決めること」は大変でもありますが、そこが一番面白い部分であるとも感じています。

将来の目標

SBTには、新しい技術に対して常に挑戦できる環境があります。というよりも、新しい技術に挑戦しなければならない職場だと思います。ITは特に技術革新が激しい分野です。この分野でのトップランナーの地位を確保するためにも、常に最新の情報をウォッチしながら、その情報を活かしたサービスを生み出したいと考えています。これから私が目指すのは、真の意味でのプロフェッショナルなエンジニアです。

入社理由

小さい頃からモノづくりが好きで、漠然と「作る人」になりたいと思っていました。学生時代にモバイルを利用したシステムの開発に取り組んでいたこともあり、実際にモバイルシステムやサービスを開発できる会社を探していたところ、出会ったのがSBTでした。会社そのものに勢いを感じたこともあり、迷うことなく入社を決めました。

仕事のやりがい

一つのサービスをとってみても、サーバサイドでのアプリケーション開発、ブラウザ等のクラウアントサイドでのUI/UX、ネットワークやデータベース開発などの環境構築など、さまざまな技術の集大成で実現しています。ここに新しい技術、新しい知識を用いて開発を行い、システムやサービスが実際動いたときは、エンジニアとしての喜び、やりがいは言葉で言い表せないほど大きなものがあります。

私の勉強法

ハードウェアの高性能化や仮想化技術(クラウド)の発展ともに、IT技術の分野での学習コストは年々下がり続けています。AIやドローン、コンテナ型仮想化やSPAなど、最新の技術についてもどんどんオープンソース化が進んでおり、個々の技術者が気軽に新しい技術を触って動かすことが出来る時代になりました。無論、雑誌やWeb、SNS等で常にアンテナを張っておくことも重要ですが、面白そうだと思った技術をすぐに触ってみる・動かしてみることが、一番自分の身になる勉強方法だと思います。