採用情報 SoftBank Technology Recruit Information

Employee's Interview 社員インタビュー

キャリアアップして仕事の範囲も拡大。
社長賞をバネに飛躍する。

新卒New Graduates

SM 2006年入社
技術 環境情報学部

SBTに決めた理由

学生時代は環境情報学を専攻していましたが、就職にあたっては在学中から興味があった経営やマーケティングに携われる仕事がしたいと考えていました。就職活動は、広い視野を持って会社説明会などに参加していたのですが、その中で当社に決めたのは、展開している事業領域が広く、規模的にもちょうど良かったことが理由のひとつにあります。また、自分がやりたいと思ったことを挑戦させてくれそうだと一番感じられたのが当社だったのです。

これまでの仕事~今

様々な部門で業務に従事してきました。最初の配属では情報システム部への配属され、会社の仕組みとシステムの関係を勉強しました。その後、イービジネスサービス部に在籍し、コンテンツマネジメントシステム(CMS)を担当しました。ちょうど当社が海外の製品を扱い始めた時期であり、当社にとって新たな領域への挑戦でした。また、開発元が日本への進出を考え始めたタイミングと一致し、当社でデンマークの製品を扱うようになりました。最初の1年は製品を触り、理解を深めながら、営業とともにお客様に提案する日々を過ごしていました。2年目からは、プロジェクトマネージャーとして、要件定義からリリース、お客様サポートまで、一貫して担当しました。このプロジェクトが成功したのは、実際に開発元であるデンマークに出張し、製品理解が深まっただけでなく、技術者の思いに触れることが出来たことが大きかったと思います。貴重な体験をさせてもらいました。
そして、2013年10月、公募制度を利用し、自ら志願して現在のResearch & Business Development推進本部へ異動しました。この部署では、会社全体を見渡し、サービスをどう展開するか意思決定を行っています。新規事業の開発を行ったり、M&Aの検討を行ったりするだけでなく、海外の製品やサービスも視野に入れて調査を行っています。メンバーそれぞれが得意分野を活かして活動をしています。

仕事のやりがい

2013年のSBT SUMMIT(社員大会)で、思いがけずPresident Award(社長賞)を受賞しました。受賞の理由は、コンテンツマネジメントシステムの立ち上げから、事業展開まで一貫して担当したことでしたが、ここで成果を上げることができたのは先輩や上司をはじめ、プロジェクトメンバー全員の協力があったからこそだと考えています。今後も受賞を励みに、さらに上を目指していきたいですね。

今後の目標

現在の部署のミッションは、次の時代の柱となる事業を見出し、その事業を育てていくことです。私もコンテンツマネジメントシステムを担当していた時の経験を活かし、会社を大きくするために今の自分ができることを追及していきます。将来は、こうした新ビジネスを展開する会社の経営にも携わりたいですね。