採用情報 SoftBank Technology Recruit Information

Employee's Interview 社員インタビュー

営業として、
常にフロントでプロジェクトをリードし、
お客様の事業課題を解決していきたい

中途Career

KS 2012年入社
営業

営業統括

入社理由

前職は中小規模の独立系SIerの営業として、中堅から大企業のお客様へERPを提案。仕事や会社に対して特に不満はありませんでしたが、30歳を過ぎた頃、この先もIT業界でキャリアを積んでいくうえで、どんな方向性に自分が進みたいかを自問自答したとき、技術進歩や顧客のビジネスの変化にもっと柔軟に対応できる会社で働きたいと思いました。SBTを選んだのは取り扱うサービスの幅広さとスピード。私が入社した2012年当時は、「クラウド」というキーワードだけが先行していたのですが、SBTはいち早く自社で導入し事例を作り、お客様へサービスを展開していて、このスピードや技術力の高さは営業として、とても力強く感じました。

現在の仕事

私たちが提案するのはシステムですが、あくまでシステムは課題解決の手段。お客様のビジョン、半期・通期の事業計画などを共有し、日々、情報をアップデートしながら、お客様の事業成長のために「できること」を提案していきます。私は入社後1年間、BtoBのお客様をメインにサイト構築、データ解析などWebを活用したプロモーションを提案、2年目からは顧客のビジネス課題・経営課題そのものを解決したいという想いが強くなり、アカウント営業部隊へ異動し、現在は流通サービス業のお客様を相手に日々営業活動を行っています。プラットフォーム、マーケティング、セキュリティなどSBTの保有するさまざまな製品・ソリューションを組み合わせ、お客様の課題に対して柔軟な解決策を提示できることに、手ごたえを感じています。

印象的なプロジェクト

私が担当するお客様は日本を代表する流通サービスの大手企業です。転職してプロジェクトの規模が大きくなり、お客様の課題を解決するという目標のためプロジェクトをリードしていく営業の役割の重要性を感じています。例えば、ECサイトとリアル店舗の融合による売上拡大、グループ会社間のコミュニケーションをどう設計していくかなど、プロジェクトの背景・目的を咀嚼し、お客様の気づいている課題、気づいていない潜在課題を仮説だて、私たちのソリューションを使って、どう支援していくか地道に検討を重ねます。お客様のビジネスを成長へシフトしていけるか、プロジェクトマネージャーと共に、社内の複数部署を巻き込み、各部門が最大のパフォーマンスを発揮できるよう全体をコントロールしていきます。周囲の協力を得ながら、自分が舵を切っていく醍醐味は格別です。

SBTの社風

気軽に上司やメンバーに「自分はこうしたい」、「こんな提案をしたい」、「こんなアクションをしたい」という思いを伝えられますし、受け入れてくれる風土があります。中途入社だから、新卒入社だからという壁もまったくありません。お互いに高めあっていこうという意識の高いメンバーが集まっていて、みんなが日々、試行錯誤したナレッジが自分の案件かのように語れるレベルで蓄積されており、自分自身の引き出しもどんどん増える環境です。また、質問すれば何でも答えてくれます。月1回、営業コンベンションという会議が行われ、社長と営業部門の役員、営業メンバー全員が集まり、いい仕事を発表する機会もあります。アプローチ方法や、提案の内容、お客様から評価していただいたポイントなどの成功事例の共有は勉強になりますし、週1回のグループ会、月2回の部会と情報共有の場も豊富です。

将来の目標

事業企画・マーケティング・情報システム部などお客様の複数の部署からヒアリングした流通サービス業界全体が抱える課題を、SBTならではのビジネスモデルで解決できたら最高です。その一つのキーワードが「ビッグデータ」。さまざまなデバイスからログを収集し、店舗ごとの売上データや需要予測を可視化し、次のお客様獲得にどう繋げるか支援するマーケティングモデルを作り、事例化していく取り組みを行っています。また、私が携わっているクラウドをつかったグループ会社間のコミュニケーションモデルも展開したいと考えています。一方で、自分のキャリア的には、後輩の育成、そしてマネジメントに携わり、部署を強く、大きくしていくことに貢献したいと思っています。