採用情報 SoftBank Technology Recruit Information

Employee's Interview 社員インタビュー

SBTのエンジニアは、
未開の地に挑んでいく開拓者。
市場価値がどんどん上がります。

中途Career

KH 2013年入社
技術

技術統括 

入社理由

入社のきっかけは、居酒屋で気の合った飲み友達。
前職は300名規模のソフトウェア開発会社で、SEとして金融系システムの開発をしていました。転職を考えるきっかけになったのが、よく行く飲み屋で知り合った同じくエンジニアの飲み友達。彼がSBTに転職したので、詳しく話を聞いたところ、会社として非常に自由な社風であること、チャンスが多く、PMの仕事も任せてもらえること、チャレンジしたい仕事があれば、積極的にアサインしてくれることを知り、興味を持ちました。開発がメインで、次は顧客と直接話をして、要件定義から手掛けたいと思っていたので、自分もSBTで挑戦することに。飲み友達だった彼は今では同僚になり、近くの部署で同じエンジニア仲間として働いています。

現在の仕事

PMとして「SharePoint」のサービス化に挑戦。
総合ビジネスプラットフォームである「SharePoint」をメインで扱う部署で、主にデプロイからPMまで様々な作業を担当しています。当初はSharePoint Onlineの導入を行っていましたが、ある案件で苦労したのをきっかけに、より簡単に導入を行える独自のソリューションを作ることを上司に提案したところ、PMとして「OnePortal」のサービス化を任されることになりました。これは自分にとって初めての経験で、単に技術の話だけでなく、「どんな売り方をしていくのか」「保守はどうするのか」といったサービスの最初から最後までをすべて考える必要があり、難しくも面白い経験になりました。現在は営業から依頼を受けて、提案書や見積もりを作成し、自ら提案にも参加。前職ではユーザーと直接話して要件を決められれば…と感じていたので、そこで抱えていた負が解消され、むしろ楽しみながら取り組んでいます。

やりがい

ほぼ技術者のいない分野を開拓する。
私たちのチームが新たに取り組むことになったのが、「Microsoft Dynamics CRM」。SBTでは新しいシステムがあれば、まず自社で導入して試してみることが多いのですが、「Microsoft Dynamics CRM」も同様に自社の営業支援システムの一つとして活用しています。そこで検証しながら、サービス開発を検討していくのですが、何よりも難しいのは、新しいシステムであるが故に、扱える技術者がほとんどいないということ。社内はもちろん、世の中的にもほとんどいないというケースも。わからないことが多い中で、自分たちで切り拓きながら、サービス化を目指していく。だからこそ、その分野を誰よりも知り尽くした市場価値の高いエンジニアになれるのです。前職では任された仕事をこなしていましたが、今は自分で考えて進めていかなければ、前には進んでいかない。大変なこともありますが、マネージャーや部長など相談に乗ってくれる人は多いので、非常に助けられています。

SBTの社風

これほど流れの速い会社はないと思う。
これはソフトバンクグループ全体に言えることかもしれませんが、スピード感が桁違いに速いと感じます。常に新しい情報が入ってくるので、それをベースに決断しながら、どんどん新しい取り組みに挑んでいく。他社と比べてもSBTには非常にスキルの高いエンジニアが多いと感じますが、これは優秀な人を採用しているからだけでなく、一人のエンジニアに任される範囲が広いので、入社後に自然とスキルアップしていくのではないかと思います。SBTで求められるのは、ポジティブでチャレンジ精神があること。「いろいろやってみたい」「サービス開発にも挑戦したい」という人にとってはこれ以上ない環境です。

将来の目標

自分でサービス化したソリューションを自ら広げていきたい。
SBTでは自分自身で目標を設定して、達成を目指す評価制度も魅力の一つ。今後はニーズの高まっている「SharePoint」を引き続き手掛けながら、いま挑戦している「Microsoft Dynamics CRM」のサービス化をPMとして成功させ、世の中に広げていくことが目標です。自分自身も周りの誰も知らない分野なので、ここで経験を積むことは、今後のスキルアップに必ずつながっていくはずです。