採用情報 SoftBank Technology Recruit Information

Employee's Interview 社員インタビュー

クラウドを究めるためにSBTへ。
常に新しいものを自ら探求できる、
これほど面白い場所はないと思います

中途Career

TA 2015年入社
技術

技術統括

入社理由

アプリケーション開発企業とSIerを経て、インフラエンジニアとして技術を究めたいと思いメーカーに転職。技術力も重要ですが、ビジネスにおける「人と人」が重要な事に改めて気づいて、再度転職をする事にしました。
転職時にはその目的を「クラウドを扱えること」に絞り、クラウドの分野でパイオニアであるSBTへ。最終的な決め手は「人」。選考中から単なる転職者と企業ではなく、家族のような人間味のある関係性を築くことができ、入社前に感じた「人と人の距離の近さ」は入社後も全く変わっていません。

現在の仕事

もともとプリセールスの経験が豊富だったことから、Microsoft Azure全般に関わる提案活動を中心に任されています。また、「システムのクラウド化に関するコンサルティング」から「オンプレミス環境にあったシステムをAzure上に移行する実作業のプロジェクトマネージメント」まで、実装フェーズも担当しています。さらに、チームのマネージメント補佐など組織運営に関わる部分まで幅広く活動しています。

SBTの社風

ITは年齢のない業界と言われますが、さらにその傾向が強いのがクラウド。その中でビジネスを展開するSBTでは、考えや分野を固定化せずに、常に新しいことを自ら探究していくことが求められます。会社からの評価についても、技術面やプロジェクトマネジメントにおける効率化、提案の実績だけでなく、会社の注力事業において、どんな新しいサービスを作れたかも重要な基準の一つ。期待されるレベルは高いですが、その分達成感も大きいと感じます。

SBTの強み

SBTはMicrosoftとパートナー関係にあるので、一般公開されていない最新の情報や技術も得られ、それが顧客への深いソリューション提案や、高いシェアにつながっています。Enterprise Mobility Suite、Microsoft Intune、Windows 10など、常に新しい製品のサービス化にも着手。また、Microsoftの製品のみでは満たすことのできないお客様のニーズに対しては、セキュリティやデータアナリティクスをはじめとした多岐に渡る自社サービスを融合させてご提案できるのも大きな強みです。

将来の目標