採用情報 SoftBank Technology Recruit Information

Employee's Interview 社員インタビュー

年齢、キャリアに関係なく誰にでもチャンスがある。
実力主義まっただ中で、働いています。

中途Career

江原 圭一 2005年入社
営業 営業統括

現在の仕事

入社後は、ソフトバンクグループ内の顧客向けの営業を担当しました。その後、ソフトバンクグループ外の顧客担当営業となり、現在は同部門の部長です。
今は部長として、メンバーに仕事を任せる場面が多くありますが、多少実力不足かなと思っても、思い切ってやらせてみます。もちろん、必要なサポートはしっかりしますが、案外、やりきってくれるものです。自分もそうやって成長させてもらったのだと、今振り返って感じます。

入社の決め手

元々マネジメントに興味があって、少しでも早く経験を積みたいと考えていました。
入社の際の面接で、若くして部長職につかれている方に出会い、この会社だったら自分のやりたいことができる!と強く惹かれました。

SBTの社風など

SBTには、上の人に物申せる風通しの良い社風と、実力にプラスして手を上げれば誰にでも仕事を任せる風土があります。
現在核となっているSBTの一つのビジネスにおいても、入社2年目の社員が第一線で活躍していて、社員に平等にチャンスが与えられているんだな。と感じました。
また、それまで、例えば価格だったり、会社の規模だったりというのが案件を左右する要因になると思っていたのですが、入社してから、付加価値のあるソリューションがあれば、勝てるチャンスがあるということを改めて実感しました。付加価値を見出して、お客様のニーズ以上のものを提案できるか、入社してからそういったことを探る面白みを見つけました。

今後のチャレンジ

ビジネスにおいても人間関係においても、切っても切れないパートナーになれるような仕事をしていきたいです。
ソフトバンク・テクノロジーならそれを実現できる会社だと思いますから。

求める人物像

お客様のことを真剣に考えられる人。
それと、自分の考えがあり、それをきちんと発言できる人、そしてやり抜く人。
さらに、上長と議論できる人はウェルカムです!

あと、社内のバスケット部に所属しているのですが、ただ今部員募集中!なので、一緒にバスケットしたい人もお待ちしています。(笑)