採用情報 SoftBank Technology Recruit Information

Employee's Interview 社員インタビュー

探究心と忍耐強さ、
データサイエンティストの毎日は
発掘作業のようなものです。

中途Career

SH 2009年入社
技術 技術統括

現在の仕事

デジタルマーケティング統括部においてデータサイエンティストとして働いています。
これまで企業ではアナリストの方々がBIやデータベースを駆使して分析を行っていますが、ソフトバンク・テクノロジーのデータサイエンティストとは、そういった知識に加えて統計解析の知識、マーケティング理論、技術力としてのIT知識、お客様の業種、業態に関する専門知識などの幅広い知識を持ち合わせた専門家集団のことを意味しています。データの利活用を提案し、企業の課題解決、サービスの付加価値向上に貢献できるよう日々データと向き合っています。

データサイエンティストの業務内容は?

ウェブサイトに訪れるユーザの閲覧履歴や購買履歴などあらゆる行動ログを参照する権利をお客様からいただき、ひたすら「発見」を探し求めています。そして集めた「発見」と、それらから見出す改善アクションを提案し、そのアクションの実行をお客様にご提供しています。

仕事にやりがいを感じるときは

まるでジャングルのような大量データを紐解いていく中で、徐々にパズルのピースがつながっていく感覚がとても面白く、また、その新たな気付きをお客様と共有し、ディスカッションを重ねることで化学反応を起こしたかのように新たな仮説が浮かび上がるときがあります。そんなときに、この上ない喜びを感じることができますね。

また、分析だけでなく実際に施策の実行とその効果までをサポートさせていただいていますので、どれだけ売上向上に貢献することができたかも数値で表現することができるため、想定以上の効果が出た場合に多くの達成感と充実感が得られます。

データサイエンティストに向いている人材

探究心と忍耐強さが最も重要かもしれません。
データサイエンティストの業務は油田や化石の発掘作業に近く、価値のある結果が出るまで可能性があるポイントを深堀りし続けるようなものなのです。
限られた時間の中でバリューを掘り当てなければならないため、最後まで諦めずに様々な角度からデータを分析することを楽しいと感じることができるかどうかが重要だと思っています。
また、数字には表の面と裏の面があるため、数値の高低に一喜一憂するのではなく、その数字の裏に何があったかを確認する慎重さと疑い深さを備えた人物がデータサイエンティストに向いているのではないでしょうか。

今後チャレンジしていきたいこと

ソーシャル上でのユーザのつぶやきやレビューなどのテキストデータと行動履歴データの統合によるビッグデータ分析、最適なタイミングでのオファーを自動的に制御するための仕組み作りに注力し、企業の競争力の向上と分析コンサルティング市場における当社のシェア拡大に貢献したいと考えています。