個人情報について Privacy Policy

個人情報保護方針

制定: 平成16年6月1日
最終改訂: 平成28年10月1日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 CEO 阿多 親市

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(以下、「当社」という。)は、「情報革命で人々を幸せに - 技術の力で、未来をつくる - 」を企業理念に掲げ、ICTサービスの提供を通じて、豊かな情報化社会の実現の貢献を目指しています。
情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進しているソフトバンクグループのICTサービス事業を担う中核会社として、技術の力で新しい付加価値の創出に挑戦し続けています。
そうした技術革新から生まれる様々なソリューションやサービスを安心してご利用いただくために個人情報保護や情報セキュリティ管理は重要な責務だと認識し、個人情報保護方針を以下のとおり定め、これを実行し、かつ、維持することを宣言します。

1. 事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、利用及び提供

当社は、業務遂行のために個人情報を取り扱う場合には、あらかじめ利用目的を特定し、その目的の達成に必要な範囲内で、取得、利用及び提供を行います。(利用目的 の達成に必要な範囲を超えた取扱いは行いません)
当社は、個人情報保護マネジメントシステムの厳正な運用を行い ます。なお、当社の事業内容は、下記の通りです。

セグメント サービス区分 主なサービスの内容
報告セグメント ICTサービス事業 デジタル
マーケティング
  • ・ECサイト運営代行サービス、フォントセットの開発・販売及びウェブフォントサービスの提供
  • ・ウェブサイトの構築、アクセスログ解析ツール、データ解析及びコンサルティングサービスの提供
プラットフォーム
ソリューション
  • ・IT基盤の構築と運用保守サービス、リナックスソリューションの提供
  • ・脆弱性診断テストや標的型攻撃対策サービス、電子証明書を利用した認証や暗号化サービスの提供
クラウド
システム
  • ・情報システムの開発と運用保守サービス、タブレット端末やスマートフォン、ロボット用アプリケーションの開発
  • ・情報システムのクラウド移行支援、親和性の高い自社クラウドサービスの提供

2. 法令・規範の遵守に関して

  • (1) 当社は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  • (2) 当社は、日本工業規格「JIS Q 15001」に準拠した個人情報マネジメントシステムを確立し、実施し、維持し、かつ、改善します。

3. 個人情報の漏えい,滅失又はき損の防止及び是正のための施策

  • (1)当社は、個人情報保護管理者、監査責任者、教育担当者、苦情・相談窓口担当者など個人情報保護に必要な責任者、担当者を指名し、個人情報保護に関する責任を明確にします。また、個人情報保護管理者を中心に全社横断的な組織を編成し、個人情報保護に関連する対策、取り組みを実施します。
  • (2) 当社は、個人情報の安全管理を図るため、ルールと手順を明文化し社内規程を整備します。
  • (3)当社は、物理的セキュリティの確保、利用者認証やアクセス制限の管理、作業状況やシステムログの監視、バックアップを含めた障害対策の実装など、個人情報保護に必要な安全管理措置を実施します。
  • (4)当社は、個人情報保護に関する法令や規格の理解、安全管理に対する意識改善や啓蒙などを目的として、全従業員を対象とした教育を定期的に実施します。
  • (5)当社は、事業部門によるセルフチェック、監査責任者による内部監査を定期的に実施し、個人情報保護マネジメントシステムが適切に運用されていることを点検します。その際、不適合項目が発見された場合は、原因を明確にし、是正の取り組みを行います。また、問題を未然に防ぐための予防の取り組みも同様に行います。

4. 苦情及び相談への対応

当社は、個人情報に関する苦情及び相談に関して、社内規程に基づき、対応します。お問い合わせは、下記にて承ります。

≪苦情・相談窓口≫
sbt_security_policy@tech.softbank.co.jp

5. 個人情報保護マネジメントシステム(以下、「PMS」)の継続的改善

当社は、PMSについて、関連する法令、国が定める指針その他の規範の改正や社会環境の変化に伴い、継続的に改善を実施します。

6. 個人情報保護方針の変更に関して

  • (1)当社は、本保護方針を、事前の予告無く変更することがあります。
  • (2)本保護方針が改訂された場合には、当社ウェブサイトに掲載します。

禁 無断転載複写

プライバシ

このページのトップへ