ニュース News

プレスリリース

2017年

ランサムウェアにも対応したサイバー攻撃対策Cybereason取扱開始
~「侵入させない」から「侵入後の対処」へ。AIの高度な解析によるエンドポイント対策~

2017年10月26日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、サイバーリーズン・ジャパン株式会社(以下サイバーリーズン)の提供する、人工知能(AI)を活用したエンドポイント型サイバー攻撃対策プラットフォーム『Cybereason』の取扱いを開始しましたので、お知らせします。
Cybereasonは、侵入させないことを目的とした従来のウィルス対策製品とは異なり、AIによる高度な分析で侵入後のマルウェアの悪意ある行動を検知し、即時対処することで端末を保護する次世代型のセキュリティ対策製品です。

Cybereason概要図

IPAの「情報セキュリティ10大脅威2017」によると、ランサムウェアの被害は大きな脅威と報告されています。2017年5月には「WannaCry」による大規模な被害も話題となりましたが、Cybereasonは、WannaCryの挙動を検知し、被害を防ぐことができました。WannaCry以降も「Cerber」や「Locky」といったランサムウェアの亜種が検知・報告されており、ランサムウェアの脅威は継続しています。
日々進化する未知の脆弱性を利用したサイバー攻撃に対し、侵入を想定した多重防御やエンドポイント対策として、従来の対策にCybereasonを加えることで、セキュリティレベルをさらに向上させることができます。

■Cybereasonの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.jp/service/list/cybereason/

SBTでは、各種診断サービスから侵入防御ソリューションの提供に加えて、侵入後の検知や対処を可能にするCybereasonやマネージドセキュリティサービス(MSS)、サイバー攻撃を想定した社内体制を強化するCSIRT構築支援まで、お客様の情報資産保護や事業継続をワンストップでサポートいたします。

■SBTのセキュリティソリューションはこちらをご参照ください。
https://www.softbanktech.jp/service/name/security/

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。
本リリースのPDFはこちら

※その他、記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

ソフトバンク・テクノロジー 概要

one sbt

SBTは、「情報革命で人々を幸せに ~技術の力で、未来をつくる~」という理念のもと、大きく成長することを目標に掲げ、クラウドとIoTに注力しているICT企業です。クラウドを活用して、働き方改革をはじめとする生産性向上の実現や、お客様のビジネスを共に作り上げていくビジネスパートナーを目指しています。

■ 本件に関する報道機関からの問い合わせ先

○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
TEL:03-6892-3063 / Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ