ニュース News

プレスリリース

2016年

遠隔操作ロボットによる介護サポートの実証テストを実施
~介護現場の負担を軽減するためにVRcon for Pepperを活用~

2016年8月26日
M-SOLUTIONS株式会社

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮内 謙)と共同で行っている人型ロボット「Pepper」の介護施設での導入に向けた実証テストにおいて、ソフトバンクグループのアスラテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒谷 正人、チーフロボットクリエイター:吉崎 航)のロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper」(ブイアールコン・フォー・ペッパー、以下VRcon)を用いた検証を実施しましたのでお知らせいたします。

VRconは、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを使って、インターネットに接続されたPepperを遠隔操作可能にするソフトウエアです。Pepperを遠隔で動かすだけでなく、映像や音声を使ったやり取りも可能で、遠隔地にいるオペレータの声をPepperのスピーカーで出力できるほか、オペレータがキーボードで入力した内容をPepperの声で読み上げる機能も備えています。VRconを使うことで、人間のリアルタイムでの操作によるPepperの自由な動きや会話が可能となります。

今回の実証テストは、介護現場に遠隔操作ロボットを導入することで、十分な介護サービスの提供とヘルパーの負担軽減の両立の実現性を実証するためのもので、VRconを用いて、ヘルパーがPepperを遠隔操作し、離れた場所にいる介護サービス利用者に対して、ロボットを通じたコミュニケーションや見守りなどを行いました。実証テストは、東京都足立区の介護施設「わかばケアセンター」で2016年8月24、25日に実施し、実際に多くの介護サービス利用者やヘルパーが体験しました。

M-SOLUTIONSは、今回の実証テストを体験した方の声も反映させ、ソフトバンクおよびアスラテックと協力して、介護施設でのPepperおよびVRconの本格導入に向けて取り組んでいきます。

利用者とヘルパーがPepperを通じて遠隔でコミュニケーションとる様子
利用者とヘルパーがPepperを通じて遠隔でコミュニケーションとる様子

■ アスラテック株式会社 会社概要

社名: アスラテック株式会社
所在地: 東京都千代田区神田東松下町45番地
代表者: 代表取締役社長 酒谷 正人
URL: http://www.asratec.co.jp/
設立日: 2013年7月5日
資本金: 5億1000万円(資本準備金含む)
事業内容: 「V-Sido」関連商品の企画・開発・販売・コンサルティング

■ M-SOLUTIONS株式会社について

M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。
本リリースのPDFはこちら

 


※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社が独自に実施しているものです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

 

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、皆口、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL:03-6892-3070
Email:msol_sales@m-sol.co.jp

このページのトップへ