ニュース News

プレスリリース

2015年

「Office 365 ProPlus 展開支援サービス」の提供開始
Office 365 ProPlus の展開方法、運用、導入による影響などの不安を解決しサポート!

2015年11月18日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

 

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、2015年11月18日より、最新版の Office アプリケーションがユーザー単位で提供され、複数のデバイスで利用することができる Office 365 ProPlus の展開支援サービスの提供を開始しましたので、お知らせします。

主なポイント クラウド上から最新版Officeが自動的にインストールされる「Office 365 ProPlus」の導入支援サービスを開始。クリックするだけで簡単に導入できるスクリプト提供により、システム部門・ユーザーの作業負荷を軽減。

情報システム部門・ユーザーの負担を大幅に削減する「Office 365 ProPlus 展開支援サービス」

Word や Excel などの Office は多くの企業で採用されており、PC、Mac、タブレット端末などさまざまなデバイス上で利用されています。昨今、脆弱性を狙った攻撃への対策や、コンプライアンス強化の一貫として、Office のバージョン標準化や更新プログラムの即時適用など、これまで以上に素早い対応と管理が必要となってきました。情報システム部門では、このような対応を実現するために運用負荷が高くなりがちですが、Office 365 ProPlus を利用することで、Office の最新版を自動的にインストールできるようになり、社内 Office の標準化やコントロールの負荷を低減できます。

Office 365 ProPlus 導入時は、情報システム部門が Office 標準化や運用ポリシーの検討、ユーザー向けインストールマニュアルの作成やインストール時のサポート対応が必要であり、ユーザーも、Office 365 ProPlus のインストールや設定作業が発生します。これまで、SBTでは、このようなニーズに対して、情報システム部門がファイルの置き場所を指示し、ユーザーがファイルを1クリックするだけで作業が完了する簡易プログラムを開発し、提供してきました。これにより、お客様の導入作業の負担を約90%軽減することができます。

今回、SBTでは、Office 365 ProPlus 導入支援のニーズが増加してきたことを受け、個別対応してきたノウハウをサービス化し、発売を開始しました。

Office 365 ProPlus 展開支援サービスの概要

Office 365 ProPlus の導入においては、旧バージョンの Office 利用を継続するのかどうかの選定や、Excel などで利用しているマクロ(簡易プログラム)が新バージョンの Excel で動作するのか事前にチェックする必要があるなど、お客様ごとに最適な導入方法が異なります。

それぞれのお客様に最適な方法で導入を支援するサービスメニューを用意し、スクリプトと呼ばれるイントールファイルを作成します。ユーザーへの展開方法は、スクリプトをメディアで提供する方法と、ファイルサーバーに設置する方法があります。ソフトウェアの最新の状態の維持やセキュリティポリシーの設定などを包括的に管理するSCCM(System Center Configuration Manager)を導入している企業では、SCCMによる展開も可能です。

▼ 本サービスの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.jp/service/list/office365-proplus/

サービスメニュー

項目 詳細 スクリプト展開 スクリプト展開+Excel 共存
作業内容 展開方法の設計
プログラム更新方法の検討 ファイルサーバー or メディア ファイルサーバー or メディア
Officeインストールスクリプトの提供
Officeアンインストールスクリプトの提供
新旧バージョンのExcel共存スクリプトの提供 ※1 ×
( 旧バージョンのExcelは利用しない )

( 旧バージョンのExcelも併用可能 )
納品物 Office 365 ProPlus設計シート
Officeインストール用スクリプト
Officeアンインストール用スクリプト
テスト仕様書兼結果報告書
旧バージョンのExcel削除スクリプト ×
Excelファイルの関連付け変更手順書 ×
展開の目安 約1ヶ月 約1.5ヶ月
金額(税抜) ¥ 1,000,000 ~ ¥ 1,500,000 ~
  • ※1 共存によって利用制限が生じる場合があります

※首都圏以外への訪問は、訪問先に合わせて別途出張費を申し受けます

オプションサービス マクロ解析 (互換性検証) ※2

項目 詳細
内容 これまで利用していたバージョンの Office に組み込んでいたマクロが、新バージョンの Office でも動作するかどうかの動作検証および報告
展開の目安 約1ヶ月~
金額(税抜) ¥720,000~
  • ※2 当オプションサービスは株式会社NSDビジネスイノベーションと提携して実施します

SBTは引き続き、付加価値の高いサービスの提供を通じて、クラウド化によるワークスタイル改革を推進し、お客様のビジネスの発展に貢献してまいります。

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。
本リリースのPDFはこちら

 

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社

「情報革命で人々を幸せに ~技術の力で、未来をつくる~」という理念のもと、”クラウド” “セキュリティ” “デジタルマーケティング” の3分野に注力しており、クラウド分野においては、Microsoft製品を軸に、それらと親和性の高い独自サービスを展開しています。クラウド型グループウェア Office 365 の導入数は40万ユーザーを超え、業界トップクラスの実績がお客様の信頼につながっています。当社は、今後もクラウドサービスをより安全に、より便利に利用できる付加価値の高いサービスを提供してまいります。

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

 

【お客様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-6892-3154
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

 

このページのトップへ