ニュース News

プレスリリース

2014年

iPad専用メニュー多言語化アプリ「グルメニュー -GOURMENU-」の提供開始

2014年6月10日
八楽株式会社
M-SOLUTIONS株式会社
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

八楽株式会社(代表取締役社長:坂西 優、本社:東京都渋谷区、以下八楽)、M-SOLUTIONS株式会社(代表取締役社長:佐藤 光浩 、本社:東京都新宿区、以下MSOL)、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は協働で、飲食店向けメニュー多言語化アプリ「グルメニュー -GOURMENU-」の提供を、2014年6月10日(火)より開始しますのでお知らせします。

 

■ 「グルメニュー -GOURMENU-」について

日本語で作成されたメニューを英語、中国語、韓国語をはじめとした外国語に専門家が翻訳して表示させる、iPad専用のアプリケーションサービスです。
多言語化されたメニューを容易に導入することができ、店舗の外国人観光客の接客を支援します。

店舗側は、外国人顧客層を新たに開拓でき、外国語での接客負荷の軽減やサービス品質の向上といった効果が得られます。
日本語から各国語への翻訳だけでなく、対応言語間での翻訳も可能なため、あらゆる店舗のグローバル化に活用いただけます。

一方、顧客側においては、多言語化による『おもてなし』の体感と、言語の違いによるストレスの軽減により、顧客満足度の向上を図ることができます。

 

▼ 本サービスに関する詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。

http://www.gourmenu.jp/

 

 

■ 背景

2020年に開催予定の東京オリンピックにより、海外から日本への関心が高まっています。
政府が掲げる観光立国方針においても今後の外国人観光客の増加が予想されており、特に飲食業界の発展向上に向けて、国内外を問わず質の高いサービスの提供と、日本の食文化に対する理解を深める施策の推進が求められています。

そうした中で「グルメニュー-GOURMENU-」は、メニューの多言語化を通じて、店舗と顧客間のグローバルコミュニケーションを支援することを目的として開発されました。

サービスの大きな特徴として、日本語での注文を推奨しています。
外国人顧客が、「日本の「食」および「言語」に触れられる機会を増やすことで、日本での食事を一つの観光体験として楽しめるようサポートします。

 

■ サービス内容

No 項目 内容
1 メニュー翻訳 既存の日本語メニュー(紙)を専門家が多国語に翻訳し、電子化します。
翻訳結果はデータベース化され、メニューの追加翻訳を容易に行うことができます。

【対応言語一覧】
日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・インドネシア語・タイ語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スウェーデン語・スペイン語・ロシア語・アラビア語
2 日本語サポート 店員が日本語の説明も見ながら接客できるよう、メニューに外国語と日本語を併記します。
外国人の方は、日本語で注文ができるように、Tipsを提供します。
3 アプリケーション作成 メニューを登録したiPad専用の多言語化アプリケーションを作成します。
メニューの変更は、お客様専用の管理画面から簡単に行っていただけます。
4
iPad(レンタル) アプリケーションをiPadに入れた状態で提供いたします。
※既存のiPadをお持ちの場合、アプリケーションのみ提供のプランもございます。
5
問い合わせサポート 導入後の問い合わせ対応を行います。

 

■ ご利用料金

ご要望に応じた2つのプランで提供します。また今回、ライトプランを2014年6月30日まで特別価格で提供します。
(特別価格での提供は、お申込み初年度1年間のみとなります。また、2014年7月以降のお申込みは、通常価格となります。)

 

・ご利用開始月の月額費用は無料です。
・プランに含まれる翻訳言語は、英語、中国語(繁体字・簡体字)の3ヶ国語となります。
・他言語の翻訳は、別途オプション料金が必要となります。

 

八楽、MSOL、SBTは今後も連携してお客様の要望に積極的にお応えできる体制を構築するとともに、本サービスをより付加価値の高いサービスへと発展させることで、お客様のビジネスのグローバル化を支援してまいります。

 

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。
本リリースのPDFはこちら

 

※本リリースに記載された社名・商品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

 

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 皆口
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-6892-3154
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ