ニュース News

プレスリリース

2014年

ソフトバンクモバイルの基幹業務処理をHadoopで高速化
~1/10のコストで処理時間を1/4に大幅短縮!~

2014年5月30日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、ソフトバンクモバイル株式会社 (代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義、東京都港区、以下:ソフトバンクモバイル)の運営する業務システムに、Hadoopによるスケールアウト型の分散処理環境を新たに導入したことをお知らせします。

 

旧システムと比較して処理時間を最大1/4に圧縮するとともに、従来型のシステム構築の最大1/10のコストで新システムを構築しました。
また、分散処理環境によりシステムの信頼性や稼働率が高まり、運用リソースやコストの削減も実現しています。

 

■ 導入システム概要図

 

■ 導入の背景

ソフトバンクモバイルでは、契約件数増加などによる処理件数増加に伴い、Hadoopによるスケールアウト型分散処理環境の構築を検討。
高価なハードウェアやアプリケーションが不要で、必要に応じて柔軟に性能を高められることや、数年後に同様のシステム更改があった場合もスムーズに対応可能であることが評価され、採用が決定されました。
また、構築支援が可能なベンダーとして、検討当時すでにHadoop活用を推進していたSBTが協力を依頼されました。

SBTのもつ、データベースをはじめとしたシステム構築全般の実績や、豊富な経験とノウハウに加え、Hadoop専任のエンジニアによる包括的なサポートにより、共同開発が実現しました。

 

SBTではこれまで、業務を支援するインテグレーションサービスの提供を通じて、お客様のビジネスの発展に貢献してまいりました。

今後も一層技術ノウハウを蓄積し、それらをお客様にとってさらに付加価値の高いサービス・ソリューションとして提供してまいります。

 

▼ 本事例に関する詳しい情報はこちらをご参照ください。

https://www.softbanktech.jp/case/list/softbank-mobile03/?cid=20140530_01_pr

 

■ ソフトバンクモバイル株式会社 会社概要

会社名 :ソフトバンクモバイル株式会社
代表者 :代表取締役社長 兼 CEO孫 正義
事業内容 :移動通信サービスの提供
携帯端末の販売など、移動通信サービスに関連する事業
所在地 :〒105-7317 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
サービス開始日 :1994年4月1日
資本金 :1,772億5,100万円
URL http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/

 

※本リリースに記載された社名・商品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

 

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 皆口
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-6892-3154
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ