ニュース News

プレスリリース

2014年

通期個別業績の前期決算値との差異に関するお知らせ

2014年4月24日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

 

平成26年3月期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)の通期個別業績の差異について下記の通りお知らせいたします。

1.通期個別業績の差異

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
  百万円   百万円   百万円   百万円   円 銭

前期実績(A)
(平成25年3月期)

32,505 1,396 1,576 978 101.05

実績値(B)
(平成26年3月期)

36,105 1,341 1,328 653 67.50
増減額(B-A) 3,600 △54 △247 △324
増減率(%) 11.1 △3.9 △15.7 △33.2 -

 

差異の理由

平成26年3月期は、旺盛な情報システム需要を取り込み、体制の強化を図ってきたSIビジネス、マイクロソフトソリューションが牽引役となって、売上高は前期比で11.1%の増収となりました。一方、平成25年3月期に計上していた持分法適用関連会社の持分譲渡に伴う一過性の受取配当金186百万円の影響が剥落したこと、平成26年2月に行った本社移転に伴う特別損失を計上したことにより、当期純利益は前期比33.2%の減益となりました。

 

以上

 

■ 本リリースのPDFは下記よりダウンロードいただけます。
本リリースのPDFはこちら


【本件に関するお問い合わせ】
管理本部 経営企画部
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-ir@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ