ニュース News

プレスリリース

2012年

現地通貨で決済! ユーザー志向のECサイトへ
~香港の大手決済サービス会社AsiaPay(アジアペイ)と業務提携~

2012年8月28日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、香港の大手決済サービス会社であるAsiaPay(CEO:Joseph Chan、本社:香港、以下AsiaPay)と香港地域におけるオンライン決済サービスを中心としたイービジネス事業において、業務提携しましたのでお知らせします。
加えてSBTは、香港向けシマンテック社のNortonセキュリティ製品販売サイト(以下nortonstore.hk)に、AsiaPayの決済システム『Pay Dollar(ペイダラー)』を採用しました。『Pay Dollar(ペイダラー)』を利用し香港の現地法人を介すことで、これまでユーザー側が受けていた為替レートによる影響をなくし、香港ドルのままで決済できるようになります。
今後SBTは、本仕組みを香港のみならず韓国や台湾でも展開し、東アジアへの進出を目指すEC事業者への提供を予定しております。

 

■ AsiaPayの『Pay Dollar』を利用したECサイトの決済フロー

 

今回の業務提携にあたり、AsiaPayのCEO Joseph Chan氏よりコメントをいただいております。
「電子商取引の発展とともに、消費者に便利で安全なショッピング環境とのシームレスな決済機能を提供し、安心して買い物をしてもらうことが重要だと考えています。私たちは、SBTのオンラインストアに、セキュアで信頼性と豊富な機能を備えた決済処理サービスを導入したことを光栄に思っています。私たちは、SBTとの業務提携が、SBTのオンラインビジネスの成長に沿ってオンライン決済の価値とビジネス上のメリットをもたらし続けると確信しています。」

SBTは引き続き、当社の「EC-BPO Service」事業における、さらなる東アジアへの事業拡大および成長戦略を推し進めてまいります。

 

<AsiaPayについて>
AsiaPayは、2000年に香港で設立され、東アジアを中心に9つの事業所(香港、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インド、ベトナム)があります。決済ソリューションとテクノロジーベンダー、または、決済サービスのプロバイダーとして、銀行や企業、世界市場におけるイービジネスにおいて、高いセキュリティと費用対効果に優れた電子決済処理ソリューションおよびサービスの普及を推進しています。これらは、国際クレジットカード、デビットカード、そのほかのプリペイドカードについての支払にも対応しています。AsiaPayは、銀行に対しては支払決済ソリューションベンダーとして、加盟店に対しては決済サービスプロバイダーとして、クレジットカード各社に対しては国際的な3Dセキュアソリューションベンダーとしてそれぞれ認定されています。高度な不正検出および管理ソリューションを持ち合わせた、多通貨、多言語、マルチカードやマルチチャネルにおいて、各賞を受賞したさまざまな決済ソリューションを提供しています。

 

※本リリース内に掲載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標もしくは登録商標です。

 

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
企画室 広報IRグループ 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ