ニュース News

プレスリリース

2012年

ソフトバンク・テクノロジー、カルソニックカンセイにOffice 365 Exchange Onlineを導入
~場所や環境にとらわれない社内システム利用が実現、ワークスタイルの変革へ~

2012年8月24日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、グローバルに事業を展開する総合自動車部品メーカー、カルソニックカンセイ株式会社(代表取締役:呉 文精、本社:埼玉県さいたま市、以下カルソニックカンセイ)に対し、米マイクロソフトの電子メール、予定表、および連絡先をクラウド型で提供するサービス、『Microsoft® Office 365 Exchange Online(以下、Exchange Online)』を導入しましたのでお知らせします。
SBTは本事例を通し、さらに強化された技術力を基に、社内システムのクラウド移行を検討しているお客様に向けて、ワークスタイルをより良いものへと変革させるソリューションである、Office 365の導入支援を進めてまいります。

カルソニックカンセイは、日本を中心に、北米、欧州、中国、及びアジア諸国など、世界に50を超える生産拠点を持ち、総従業員数は17,000人を超える、総合自動車部品メーカーです。グローバルに展開する企業活動を支えるための社内インフラとして、10年来、グループウェアを利用していました。しかしながら、経年によるシステムの老朽化が進み、一部のハードウェアの保守切れといった、トラブルを招きかねない要因が散見されていました。また、メンテナンスコストの増大、システムの信頼性の低下など、いち早くシステムのリプレースを検討、実施する必要がありました。カルソニックカンセイは課題解決ソリューションとしてExchange Onlineの採用に至りましたが、移行作業においては、当初、想定していなかった課題が多数発生していました。
SBTは、これらの課題に対し、これまでに培ったマイクロソフト製品に関する、数多くの知識と経験、実績に基づいた技術力により解決し、Exchange Onlineへの移行作業完了へと導きました。SBTの高い技術力とお客様側に立った手厚いサポート体制は、カルソニックカンセイより高く評価されています。

 

■ SBTが提供する『Microsoft Office 365 導入支援サービス』について

https://www.softbanktech.jp/integration/ms-solution/office365/

 

本事例は、SBTの事業領域である「Cloud Enabling®」におけるクラウドサービスインテグレーション分野の先進事例となります。
SBTは、本事例がカルソニックカンセイのワークスタイル変革の始まりとなり、さらなる活性化につながるよう、引き続き支援を続けてまいります。

 

■ カルソニックカンセイ株式会社 会社概要

社名: カルソニックカンセイ株式会社
代表者: 代表取締役社長 呉 文精
本社: 埼玉県さいたま市北区日進町二丁目1917番地
創立: 1938年8月25日
URL: http://www.calsonickansei.co.jp/index.html
資本金: 414.56億円(2012年3月31日現在)
従業員: 連結17,528名、単独:3,661名(2012年3月31日現在)
市場: 東京証券取引所市場第一部
事業内容: 自動車部品の製造・販売

※Microsoftは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※Cloud Enabling は、ソフトバンク・テクノロジーの登録商標です。
※その他、本リリースに記載された社名・商品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

 

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
企画室 広報IRグループ 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ