ニュース News

プレスリリース

2012年

ソフトバンク・テクノロジー、Webフォントサービス『FONTPLUS®』のAPIを公開
~さらに早く!便利に!使いやすく! Webフォント活用範囲の拡大へ~

2012年7月12日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、Webフォントサービス『FONTPLUS®』のスマートライセンスをご利用のお客様に向けて、APIを公開いたします。
SBTは、この度の『FONTPLUS』API公開が、広くWebフォントの活用範囲拡大に貢献するものと期待し、引き続き、お客様にとってより付加価値の高いサービスとなるよう取り組んでまいります。

この度の『FONTPLUS』のAPI公開により、以下のことが可能となります。
・お客様の好きなタイミングで、Webフォントを適用することができます。
・Webフォントの表示速度を早くすることができます。
・Webフォントが適用されたページを表示する際のチラつき(切り替え)を抑える様な制御ができます。

現在、ご提供しておりますスマートライセンスは、Webページを表示した最初の一度だけ、自動的にページの解析を行い、Webフォントを適用しております。このため、JavaScript等でページ表示後に非同期で表示する文字に対しては、Webフォントの適用ができませんでした。また、ページの解析やフォントのサブセット化(必要な文字だけでフォントデータを作成)を行うため、ページの切り替えに時間が必要となっておりました。

 

■ API機能一覧

名称 説明
リロード Webフォントを適用した箇所を再度適用します。
※例:更新ボタンでWebフォントを再度適用します。
コンプリートイベントハンドラー Webフォントの適用が完了したイベントを取得して、JavaScript等で引き続き処理を記述できます。
セレクタ指定 Webフォントの適用をセレクタ単位で指定することができます。
※例:twitterのテキスト内のみ
非同期モード設定 画面ロード時にスマートライセンスのスクリプト実行を止めて非同期でのWebフォントの適用を行えるようにします。
非同期モード解除 非同期モードを解除してスマートライセンスのスクリプトを再開します。
非同期ロード(指定ロード) Webフォント適用処理を任意のタイミングで実行できます。
FONTPLUS処理中チェック フォント適用処理が実行中かを判定できます。
フォント指定 使用するフォントを指定して処理時間の短縮ができます。

 

■ 「フォントプラス」のサービスサイト

 

※登録されている商標等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

 

 

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
企画室 広報IRグループ 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
フォントプラスサポート窓口
Email:support@fontplus.jp

このページのトップへ