ニュース News

プレスリリース

2012年

ソフトバンク・テクノロジー、フォント業界最大手のモリサワと業務提携
~Webフォントサービス 「フォントプラス(FONT+®)」よりモリサワフォントの提供開始へ~

2012年4月24日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

   ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川憲和、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、国内フォント業界最大手の株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦、本社:大阪府大阪市浪速区、以下モリサワ)とWebフォントサービス「フォントプラス(FONT+®)」でのフォント提供において、業務提携したことをお知らせします。
   これにより、「フォントプラス」において、フォントワークス、イワタ、モトヤ、白舟書体に続き、モリサワが取り扱うフォントが新たに追加され、総計500書体以上のフォントが提供されます。
   まずは、『リュウミン』、『新ゴ』等の主要フォント40種類の取り扱いからスタートし、今後、順次追加していきます。

 

■ 「フォントプラス」から提供される モリサワの代表的なフォント

リュウミン M-KL
新ゴM
UD新丸ゴM
 
ゴシックMB101B
カクミンM
丸フォークM

 

■ 「フォントプラス」のサービスサイト


    http://webfont.fontplus.jp/

 

   この度の発表にあたり、モリサワの代表取締役社長 森澤 彰彦氏より、以下のコメントをいただいております。

株式会社モリサワ 代表取締役社長 : 森澤 彰彦氏
「モリサワは、世界でも初めてという画期的な写真植字を発明して以来、一貫して文字の未来をみつめて研究・開発を続けています。この度、モリサワフォントを「フォントプラス」に提供することは、国内でのWebフォント市場の立ち上がりを、当社「TypeSquare」と共に早め、かつ強力に推進していけることは間違いありません。印刷、DTP分野で長年親しまれているモリサワフォントを提供することは、Webにおける表現の追求に貢献でき、市場を発展させ、相互ビジネスを拡大させることが「フォントプラス」と共に実現できることを期待しています。」

 

   SBTは引き続き、海外も含め広くフォントベンダーに「フォントプラス」への参加を呼び掛け、本サービスをマルチベンダーWebフォントサービスへと発展させるよう目指してまいります。

 

 

■ 株式会社モリサワ 会社概要

社名: 株式会社モリサワ
代表者: 代表取締役 森澤 彰彦
本社所在地: 大阪府大阪市浪速区敷津東2-6-25
URL: http://www.morisawa.co.jp/
資本金: 100百万円
従業員: 255名
事業内容: デジタルフォント(書体)の開発・販売・ライセンスビジネス 高品質組版用ソフトウェアの開発・販売
データベース、自動組版、Web展開、外字ツールを統合したソリューション(MDS)の開発
※MDS:モリサワドキュメントソリューション
DTPシステム、CTPシステム、入出力・編集機器、ネットワーク機器、製版システム、オンデマンド印刷機等の販売・サポート、最新情報通信システムの販売

※記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社の商標もしくは登録商標です。

 

■ 本件のお問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
企画室 広報IRグループ 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
フォントプラスサポート窓口
Email:support@fontplus.jp

このページのトップへ