ニュース News

プレスリリース

2011年

日本最大級の高速道路情報サイト「ドライブプラザ」をプライベートクラウド環境に移行
~ 統合ハイブリット型クラウドの提供により、最適なシステムインフラを実現 ~

2011年9月29日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川憲和、本社:東京都新宿区、以下 SBT)は、東日本エリアの高速道路の管理運営・建設、サービスエリア・パーキングエリアの運営を手掛ける東日本高速道路株式会社(代表取締役会長兼社長:佐藤  龍雄、本社:東京都千代田区、以下 NEXCO東日本)が運営する「E-NEXCO ドライブプラザ(以下ドラぷら)」サイトのインフラを、SBTが構築したプライベートクラウド環境へ移行しました。

NEXCO東日本は、日本最大級の高速道路情報サイト「ドラぷら」を2006年より運営し、高速料金検索やサービスエリア情報、ショッピングやコミュニティといった高速道路に関わる様々な情報を提供しています。
提供する情報の特性により季節や制度変更のタイミングに応じてアクセス数に大きな変動を受ける一方、ピーク時の処理を前提としたスペックのインフラでは通常時はオーバースペックとなってしまうという課題がありました。

今回「ドラぷら」のインフラをプライベートクラウド環境に移行するにあたり、SBTは占有型フルマネージドのクラウドサービスと、SBTのクラウドインテグレーションサービスを組み合わせたハイブリット型のプライベートクラウド環境を提供しています。
これによりアクセス数の急増にも柔軟な対応が可能となり、さらに、セキュリティ対策やWebアクセス解析ツールをクラウド環境と組み合わせることで、サイトの信頼性の強化、およびサイトの利便性・収益性の向上への対応も図れることが採用の大きな決め手になりました。

この度の「ドラぷら」インフラ環境のクラウド化にあたり、NEXCO東日本の山村幹雄氏は次のように述べています。「プライベートクラウドの高度なインフラをベースに、セキュリティやアクセス解析といった個別の要件を実現できるようになっているので、クラウドとオンプレミスのいいとこ取りをしたようなシステムが実現できました。システムインフラの信頼性が高まり、安定的な稼働環境を得たことにより、今後はユーザの利便性や収益性の向上にもより注力していきたいと考えています。」

本事例は、SBTの掲げる事業領域「Cloud Enabling®」における、お客様の安心で快適なクラウドサービスへの移行と利用を実現させる「Cloud Service Integration」領域での先進事例となります。SBTは今後も、クラウドビジネスの隆盛期を切り拓くサービスインテグレーターとして蓄積されたノウハウ、技術力を基に、NEXCO東日本の「ドラぷら」サイト運営のトータル支援を進めてまいります。

■ 東日本高速道路株式会社 会社概要

社名: 東日本高速道路株式会社
代表者: 代表取締役会長兼社長 佐藤 龍雄
本社: 東京都千代田区霞が関三丁目3番2号 (新霞ヶ関ビルディング)
URL: http://www.e-nexco.co.jp
資本金: 52,500百万円
従業員: 約4,300人
事業内容: 東日本地域における高速道路の道路管理運営事業、道路建設事業、
サービスエリア事業、高速道路関連ビジネス

※記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社の商標もしくは登録商標です。

■本件に関するお問合せ先:

【報道関係からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
企画室 IRグループ 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートオフィス マーケティンググループ
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ