ニュース News

プレスリリース

2011年

ビジネスファイル便 「節電支援プログラム」 の提供について
~ クラウド型ファイル転送サービスの無償提供で、在宅勤務を支援 ~

2011年7月1日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川憲和、本社:東京都新宿区、以下SBT)、 およびトライポッドワークス株式会社(代表取締役社長:佐々木賢一、本社:宮城県仙台市、以下TPW)の両社は、夏季の電力供給不足による節電対策の支援として「ビジネスファイル便 Share IT ! Fits」を無償提供します。

経済産業省から、企業への節電要請が出され、その対策として、輪番休業や在宅勤務を採用する企業が増えています。

今回の「節電支援プログラム」では、自宅にいてもオフィスや取引先と安全に情報の受け渡しができるサービス
「ビジネスファイル便 Share IT ! Fits」を無償で提供することで、企業の節電対策の一助につながるよう、実施を開始いたします。

【 ビジネスファイル便 「節電支援プログラム」 のご提供概要
1. 1社につき、最大50IDを無償でご提供
2. お申し込み日から3営業日以内でご利用可能

【 ビジネスファイル便 「節電支援プログラム」 のご提供期間 】
2011年 7月 1日 ~ 2011年 9月 30日

【 お申し込み期間 】
2011年 7月 1日 ~ 2011年 8月 31日

※ ID数には、限りがございます。ID数がなくなり次第、受付を終了させていただきますので、予めご了承ください。

【 お申し込み方法 】
1. 下記問い合わせフォームよりお申込みください。

    お申込みは終了いたしました。

     ※ 「お問い合わせ内容」欄に以下をお忘れなくご記入ください。
      ・ 件名:節電支援プログラムID発行申請
      ・ ご希望ID数(最大50IDまで):<ご希望ID数>

2. 折り返し、担当者より利用開始にあたって必要な情報をご連絡します。

     ※ 個人でのご利用は承ることができません。
     ※ 原則として、当社営業からのコンタクトはございません。 
          (ご希望の場合は、「お問い合わせ内容」にご記入ください)

【 有償版サービスとの機能面の違い 】
1. 管理者機能をご利用いただくことができません。
     ・ 詳細ログの確認
     ・ ユーザーの追加およびディスク容量の割当
     ・ パスワードポリシーの設定
     ・ システムの設定(自動削除期間の設定など)
2. ログインID名のご指定ができません。(当社にて決定させていただきます。)
3. 1社あたりの発行ID数は最大50までとさせていただきます。
4. ディスク容量は1IDあたり100MBの固定割り当てとなります。

ビジネスファイル便 Share IT ! Fits について
「ビジネスファイル便 Share IT ! Fits」は、最高品質のセキュリティ対策を施すことで、ビジネスシーンでやり取りされる大容量のデータをインターネット経由で「安全に共有する」仕組みを実現したクラウド型サービスです。膨大な導入・維持コストをかけることなく低コストで利用いただくことができます。

■ トライポッドワークス株式会社 会社概要

社名: トライポッドワークス株式会社
代表者: 代表取締役社長 佐々木 賢一
本社: 宮城県仙台市青葉区一番町1-1-41 カメイ仙台中央ビル7階
URL: http://www.tripodworks.co.jp/
資本金: 64百万円
事業内容: ITセキュリティソリューション「GIGAPODシリーズ」の開発・販売
クラウド、アプライアンス等に関するIT基盤技術の設計・開発
画像認識、組込みソフトウェア等の研究開発

※登録されている商標等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

 

■本件に関するお問合せ先:
【報道関係からのお問い合わせ】 【お客様からのお問合せ】

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートオフィス 
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

トライポッドワークス株式会社
事業企画部 曽根(そね)
TEL:022-227-5680
E-Mail:info@tripodw.jp

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
ビジネスファイル便 復興支援窓口
TEL:03-5206-3341
Email:sbt-fits-hope@tech.softbank.co.jp

トライポッドワークス株式会社
事業企画部 曽根(そね)
TEL:022-227-5680
E-Mail:info@tripodw.jp

このページのトップへ