ニュース News

プレスリリース

2010年

~ シングルサインオン製品「OpenSSO」の普及、発展を目指して ~
「OpenSSO & OpenAM コンソーシアム」に参画

2010年10月14日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

   ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川憲和、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、株式会社野村総合研究所(東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正)、オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:小田切 耕司)、株式会社オージス総研(大阪府大阪市、代表取締役社長:平山 輝)、がオープンソースのシングルサインオン・ソフトウェアである「OpenSSO」※1および「OpenAM」※2の日本における普及や発展を目指して設立した「OpenSSO&OpenAMコンソーシアム」に参画します。

   近年、我が国でも、内部統制の浸透や、セキュリティ強化のニーズを受け、シングルサインオン・ソフトウェアの導入事例が増えております。今後普及が見込まれるクラウドサービスにおいては、複数のアプリケーションサービスの統合認証環境としても活用することが想定できる為、ますます注目されるものと考えます。

   SBTは、すでに大手企業から中小企業に至る幅広い層のお客様をターゲットとして、アカウント統合管理ソリューション「Secured Account One」などを提供しており、実績を積み重ねております。「OpenSSO&OpenAMコンソーシアム」の活動を通じて、オープンソースのシングルサインオン・ソフトウェア技術を積極的に取込むことで、お客様に、より付加価値の高いサービスを提供してまいります。「Secured Account One」の詳細につきましてはhttps://www.softbanktech.jp/security/identity/secured-accountone/を参照下さい。

■「OpenSSO&OpenAMコンソーシアム」設立について

(1) 設立日
    2010年10月14日

(2) 役員
    会長:  株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター長 寺田 雄一
    副会長: オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社 代表取締役社長 小田切 耕司
    理事:  株式会社オージス総研 執行役員 ソリューション開発副本部長 山口 健
    監事:  ソフトバンク・テクノロジー株式会社 ENT第3技術部長 鈴木 重雄

(3) 設立趣旨
    オープンソースのシングルサインオン・ソフトウェアである「OpenSSO」、および「OpenAM」の維持、さらなる普及
    を目指し、不具合修正やセキュリティ対策、機能拡張に関する協力、セミナー等の開催を行って参ります。
    詳細につきましては、http://www.opensso.jp/http://www.openam.jp/ を参照下さい。

※1 OpenSSO: オラクル社(旧サン・マイクロシステムズ社)が開発し、オープンソース(CDDLライセンス)として
     公開したシングルサインオンを実現するソフトウェア。

※2 OpenAM: フォージロック社がOpenSSOをベースに開発した、シングルサインオンを実現する
     オープンソース・ソフトウェア。

・登録されている商標等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問合せ先:

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 広報IR室 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ