ニュース News

プレスリリース

2010年

ビジネスコミュニケーション基盤のクラウド型サービス「Share IT !」シリーズ
第1弾:大容量ファイル共有サービス「Share IT ! Fits」を提供開始
~ココが違います!低価格、最高品質セキュリティの両方を実現~

2010年6月24日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

   ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川憲和、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、企業のビジネスコミュニケーションを支えるクラウドサービス基盤「Share IT !」(シェアイット)の第1弾サービスとして、トライポッドワークス株式会社(代表取締役社長:佐々木賢一、本社:宮城県仙台市、以下TPW)と共同開発した企業向け大容量ファイル共有サービス「Share IT ! Fits」(シェアイット フィッツ)の提供を開始します。

   昨今、企業の情報システムへのニーズは、これまでの膨大な導入維持コストをかけて“所有”する形から、インターネット経由で必要なサービスを低コストに“利用”する形へと変化してきています。しかし、インターネットを活用したクラウド型サービスに対し、セキュリティの不安を抱く企業は少なくありません。

   「Share IT ! Fits」は、最高品質のセキュリティ対策を施すことで、ビジネスシーンでやり取りされる大容量のデータをインターネット経由で「安全に共有する」仕組みを実現したクラウド型サービスです。SBTが持つセキュリティ対策技術及びクラウドインテグレーション技術と、TPWが1,000社以上の導入実績を持つセキュリティ製品「GIGAPOD(ギガポッド)シリーズ」の技術を融合することで、SBTはインターネット上の企業間コミュニケーションを支えるセキュアなクラウドコンピューティング環境を提供します。
   「Share IT ! Fits」を利用することにより、メールサイズを気にすることなく、機密性の高いデータや図面、画像などの大容量コンテンツを、企業間で安全に共有することが可能となります。

   今後SBTは、「Share IT !」サービス品目を拡充し、中小企業から大手グローバル企業まで幅広くビジネスコミュニケーションのサポートを推進して参ります。

■Share IT ! Fitsの詳しい説明はこちら
https://www.softbanktech.jp/security/cloud/shareitfits/

■サービスモデル

【Share IT ! Fitsの特長】

低価格と最高のセキュリティを両立
他社と比較して、月額費用を低価格でご提供します。

専用のサービス環境
マルチテナント型ではなく、お客様毎に独立したサービス環境をご提供するため、 他のお客様への情報漏洩などの心配がありません。

最高品質のセキュリティ対策
定期的な脆弱性診断の実施や、Web Application Firewallの導入など、 外部からの攻撃対策を実施し、他にはない堅牢なシステムをご提供します。

※「Fits」は、File and Information Transfer Serviceの略称です。

■トライポッドワークス株式会社 会社概要

社名: トライポッドワークス株式会社
代表者: 代表取締役社長 佐々木 賢一
本社: 宮城県仙台市青葉区一番町1-1-41 カメイ仙台中央ビル7階
URL: http://www.tripodworks.co.jp/
資本金: 42百万円
事業内容: アプライアンスサーバシステムの設計・開発
組込ソフトウェアシステムの研究開発
情報セキュリティ・組込ソフトウェア分野のコンサルティング

・登録されている商標等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問合せ先:
【報道関係からのお問い合わせ】 【お客様からのお問合せ】

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
広報IR室 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

このページのトップへ