ニュース News

プレスリリース

2010年

Webサイトの戦略的活用で定評のある資生堂にリアルタイムアクセス解析が可能な
パケットキャプチャ型「RTmetrics®」を導入
~数多くのブランドサイト/海外向けサイトを、全社共通の指標で分析・評価・改善
顧客とのリレーションを築き、顧客理解を深める企業戦略をさらに強化~

2010年5月20日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

   ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川 憲和、本社:東京都新宿区、以下 SBT)は、株式会社資生堂(代表取締役社長:前田 新造、本社:東京都中央区、以下 資生堂)に、オーリック・システムズ株式会社(代表取締役社長:幾留 浩一郎、本社:東京都港区、以下 オーリック)のパケットキャプチャ型リアルタイムアクセス解析製品「RTmetrics®」を導入しました。
   「RTmetrics®」は、PCサイト/携帯サイトへの来訪者の個々の行動を高い精度で詳細に把握できるのが特長で、Webサイトを顧客との直接的なコミュニケーションの窓口と位置づける資生堂の企業戦略の強化を支援します。

 

<導入の背景>

   資生堂では、顧客の声を企業活動の羅針盤として活用し、顧客満足度を向上させることを目指しており、1995年に自社Webサイトを開設以来、情報発信に留まらず、顧客との重要なコミュニケーションの接点(コンタクトポイント)として位置付けています。中でも、1997年に開始した「資生堂ネット会員」制度は、モニターへの参加やサンプルプレゼントの応募、自分だけのパーソナル情報が閲覧できるマイページなどの会員専用サービスを通じて顧客経験価値が高められ、優良顧客とのきずな作りに寄与してきました。
   そして、今後、顧客一人ひとりに合わせたきめ細かなサービスを提供する「One to Oneマーケティング」を推進するプラットフォームとしてWebサイトを強化するために、サイト上の顧客の行動をより的確に把握し、効果的なPDCAサイクル推進を支援するアクセス解析ツールの導入が急務となっていました。
   また、資生堂は携帯3キャリアで公式サイトを展開していますが、各サイトの運営者が簡単に利用でき、さらに全社統一の指標により、全サイトを横断的に分析・評価できる仕組みが必要とされていました。

 

<「RTmetrics ®」の特長と採用のポイント>

   Webサイトには手を加えることなく、ネットワークに流れるパケットデータから必要な情報を収集するパケットキャプチャ型のリアルタイムアクセス解析ツール「RTmetrics ®」は、国内380社以上のWebシステムで活用されています(データセンターユーザを含めると利用サイト数は16,000以上)※。今回、資生堂が採用するに当たってポイントとなった主な特長は以下のとおりです。

※2010年1月現在

■月間数千万PVを超える大量アクセスをリアルタイムに解析可能
 「RTmetrics ®」は、もともと膨大なトラフィックを扱うデータセンター内での解析を行うために設計・開発された製品で、月間数千万PVを超えるWebサイトでも安定稼働し、リアルタイムに解析できます。

■ビジネスに必要な充実した解析指標を提供
PVやセッション情報などの把握だけでなく、来訪者の流入元分析やコンバージョン分析など、WebサイトのROI(投資対効果)を把握する重要な指標を提供します。

■正確なアクセス動向を簡単な操作で把握可能
設定画面のGUIやダッシュボードが充実しており、サイトの利用実態や訪問者一人ひとりの詳しい動向を、アクセス解析の経験がなくても簡単な操作で把握することが可能なため、各ブランドや各国のサイト運営者自身がコンテンツやユーザビリティの評価・改善に容易に活用することができます。

■同一指標で全サイトを横断的に分析・評価可能
分散する複数のWebサーバも一元的に解析なため、全サイトを横断的に分析・評価することが可能で、経営目標(KGI)を定義することで、各サイトの達成状況を的確に把握することが可能です。また、経営者向けのダッシュボードも充実しています。

■FLASHサイトの解析も可能
FLASHファイル中に解析タグを埋め込む事により、従来では解析が難しかったFLASHサイトにおけるアクセス分析も可能となります。また、解析タグを埋め込んだ場合でも、PV課金方式のASPタイプの解析ツールと違い従量課金によるコストの増加の心配がありません。

■来訪者の行動から知見を得る新しい解析アプローチが可能
   一般的な解析ツールは、想定したシナリオに基づいて来訪者の行動を解析しますが、「RTmetrics®」が搭載する「Advanced Analytic Module」は、Webサイトを訪れるすべてのユーザの行動情報を効率よく蓄積することで、運営側が想定していなかった来訪者の行動も解析できます。これにより、来訪者の行動から、有用な知見(顧客知)を吸い上げて、製品開発やマーケティング戦略に反映するというアプローチが可能となります。

 

   資生堂では2010年4月より全サイトを対象に「RTmetrics®」の本格稼働を開始し、Webサイトをより顧客視点に沿った「マーケティングプラットフォーム」として発展させていくために積極的に活用していく予定です。
   SBTは、引き続き、資生堂に対して「RTmetrics®」の活用促進を支援し、アクセス解析のノウハウ提供に取り組んでいきます。

【RTmetrics® SBT特設サイトはこちら】
http://www.sbt-rtmetrics.jp/?sid=100520press

 

■株式会社資生堂 会社概要

社名: 株式会社資生堂
代表者: 代表取締役社長 前田 新造
本社: 東京都中央区銀座七丁目5番5号
URL: http://www.shiseido.co.jp/
資本金: 645億円 (2009年3月31日現在)
従業員数: 3,500名 (グループ従業員数 28,810名) (2009年3月31日現在)
売上高: 連結 6,903億円 (2009年3月期)
事業内容: 化粧品事業(プロフェッショナル事業、ヘルスケア事業など)
海外化粧品事業(化粧品事業、プロフェッショナル事業、
その他の事業、フロンティアサイエンス事業など)

■オーリック・システムズ株式会社 会社概要

社名: オーリック・システムズ株式会社
代表者: 代表取締役社長 幾留 浩一郎
本社: 東京都港区赤坂3-4-3 赤坂マカベビル7F
URL: http://www.auriq.co.jp/
資本金: 9,798万8000円(2008年12月19日現在)
事業内容: 大規模Webシステムに対応可能なパケットキャプチャ型のリアルタイムアクセス解析ソフトウェア「RTmetrics」、URL/個別アプリケーション毎の応答性能や品質を監視するシステム部門向けアプリケーション「RTbandwidth」など「RTシリーズ」の販売およびサービスを提供しています。「RTシリーズ」は国内369社以上のWebシステムで活用されており、iDC(データセンタ)ユーザを含めると利用サイト数は15,850以上に及びます(2009年1月現在)。特に、「RTmetrics」はアクセス全キャリアの携帯サイトをPCサイトと同様に解析できることからモバイルビジネスを展開する企業に多数導入されており、モバイルビジネスの活性化に寄与するために、無償で利用できる携帯アクセス解析ツール「myRT mobile」を通じて市場の啓蒙活動にも積極的に取り組んでいます。本社(1996年設立)は米カリフォルニア州パサデナにあり、多くの大規模ユーザがRTシリーズを導入しています。

・登録されている商標等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問合せ先:
【報道関係からのお問い合わせ】  

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
広報IR室 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

オーリック・システムズ株式会社
ライセンス事業部
マーケティンググループ 河本
TEL:03-3560-8083
Email:press@auriq.co.jp

 

【お客様からのお問合せ】  

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

 
このページのトップへ