ニュース News

プレスリリース

2010年

ECサイトを低価格でリニューアル/スタートが可能な統合ソリューションの提供を開始
~多様なビジネスモデルや流通チャネルに対応したeコマースパッケージ「SellingClub」を
採用し、SaaS型での展開に着手~

2010年4月15日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:石川憲和、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、株式会社ウェブアーク(代表取締役社長:寺島裕幸、本社:大阪府東大阪市、以下ウェブアーク)との業務提携により、同社よりeコマースパッケージ製品「SellingClub」(セリングクラブ)のOEM提供を受け、『SaaS型 eコマースプラットフォーム』のサービスを開始します。

昨今の厳しい経済環境下にありながら、eコマースビジネスの市場は大きな伸びを示しています。このような背景から、様々な企業がeコマース市場への参入を図る上で、既存ビジネスのあり方を含めた戦略の変更を求められる、という大きな転換期を迎えています。

SBTはこのような転換期にある顧客のニーズに応えるため、これまでに培った大規模ECサイトの構築・運用実績やWebアクセス解析製品に代表される「Webマーケティングサービス」、CMS製品に代表される「Web運用環境効率化サービス」などの導入実績から得たノウハウにより、Webソリューションを統合した利用環境を基盤として、SaaS型eコマースサービスの核に「SellingClub」を採用するに至りました。

SBTは本製品をメニュー化した『SaaS型 eコマースプラットフォーム』の展開を通して、eコマース事業者向けにハードウェア等の初期投資/資産化を必要としないECサイトのプラットフォームをリーズナブルにリニューアル、スタートできるサービスの販売を行います。単に売上を伸ばすためだけでなく、運用を効率化するために必要とされるサービスの提供を通じ、顧客のECビジネス拡大に貢献します。

今後、SBTとウェブアークはECプラットフォームを核としたフルアウトソーシングの構築まで視野に入れ、サービスの共同開発を進めてまいります。

■ ECプラットフォーム SellingClubの詳しい説明はこちら

 

■サービスモデル

「SellingClub」は多様なビジネスモデルや流通チャネルに対応した本格的なeコマースパッケージ製品です。 eコマースに必要な7つの事業パターン(下記■参照)をカバーしており、単独店舗型(販売者の直接出店タイプ)から、統合型ショッピングポータル(マルチ仕入先、マルチ店舗タイプ)までを同一プラットフォーム上で事業を拡大することができます。
同製品の大きな特徴であるモール型機能を活用することで、ポータルとしての本部ショップの配下に商品カテゴリごとの専門店型ショップの開設が可能となり、例えば、特定分野のキーワードに特化したSEO(検索エンジン最適化)により集客効果を高め、来訪顧客の囲い込みを通してリピーターを増やしていく、といったテーマ性を持ったネットショップが構築できます。
また、「SellingClub」は日本語以外にも英語・中国語のメニューを持った多言語サイトが構築できるため、商品・顧客・注文データを一元的に管理しながら、ターゲットとなる国の言語/文化/通貨/物流に合わせたグローバルECサイトを展開することができます。例えば、Webページの文言だけを言語対応するのではなく、国によって異なる輸入規制などに対応し、掲載する商品を選別することも可能です。また、Webデザインを国や言語圏に合わせたトーン&マナーで表現することで、文化・風土に合わせた販売戦略や顧客対応も実現できます。

今後、SBTとウェブアークはECプラットフォームを核としたフルアウトソーシングの構築まで視野に入れ、サービスの共同開発を進めてまいります。

■事業パターン

1. マイ・ショップ:単独店舗型
2. モール・イン・モール:卸・小売型
3. e-フランチャイズ:多店舗展開型
4. オール・イン・ショップ:卸+多店舗展開型
5. e-マーケット・プレイス:マーケット出品型
6. e-ショッピング・モール:モール出店型
7.メガ・ショッピング・ポータル:統合ショッピングモール型

■ ECプラットフォーム SellingClubの詳しい説明はこちら

 

【株式会社ウェブアーク 会社概要】

社名: 株式会社ウェブアーク
代表者: 代表取締役 寺島 裕幸
営業拠点: 東京都品川区東五反田2-3-3 東五反田AMビル7F
URL: http://www.sellingclub.jp/
従業員: 10名 (中国法人は20名)
売上高: 75百万円(2009年12月期)
中国法人: 永輝通科技有限公司(EIKI-TECH、中国・深圳市) ※深圳の“セン”は土ヘンに川
事業内容: ウェブアークは、「IT・インターネットを活用した流通革新への貢献」を企業ミッションとして掲げ、2006年2月に商都・大阪で創業。「アジアNo.1のECモール構築ベンダーになる」ことを目指し、日本と中国で販売する「SellingClub」を中心とした製品・サービスを拡充しながら、クライアント企業のビジネス機会・販路そして収益の拡大を支援しています。 「SellingClub」は、これまでに大手から中堅規模まで、流通・サービス業を中心に40社を超えるクライアントに採用・導入していただき、EC化したビジネスモデルはBtoCに留まらず、BtoBtoCやBtoB(企業間取引)、BtoE(社員販売)と多岐にわたっています。 2009年7月には中国向けECモール「JPTao.com」を中国国内で開設し、テーマ特化型モールの運営やMD支援事業への取り組みをスタートしています。

・登録されている商標等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問合せ先:
【報道関係からのお問い合わせ】   【お客様からのお問合せ】

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
広報IR室 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

  ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp
このページのトップへ