ニュース News

プレスリリース

2010年

ソフトバンク・テクノロジー、京都大学大学院医学研究科の放射線診断科に
画像データの集積向け高性能ストレージ「Isilon IQスケールアウトNAS」を導入

2010年1月25日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川憲和、以下SBT)は、京都大学大学院医学研究科(所在地:京都府京都市)の放射線診断科に、スケールアウト NAS 分野をリードするアイシロン・システムズ(日本法人:アイシロン・システムズ株式会社、代表取締役:ティム・グッドウィン、以下アイシロン)の提供するIsilon IQスケールアウトNASを導入しました。

京都大学大学院医学研究科放射線診断科では画像診断学、すなわち医療画像を使ったさまざまな研究を行っており、核医学研究から、陽子放射画像診断装置(positron emission tomography:PET)、核磁気共鳴画像診断装置(magnetic resonance imaging:MRI)、さらには医学工学連携による機器開発にいたるまで、広範囲にわたり日々研究と開発を重ねています。

その中で、京大医学部附属病院で撮影されるすべての医療画像は、PACS(医用画像保存通信システム)とよばれる業務系システムで一元管理され、法的に義務付けられた5年間にわたりPACSの中に保管されています。その他、臨床研究に用いる画像情報は、その全ての事例の検証データを解析・研究をするためにPACSとは別に膨大なデータを保管する必要がありました。

今回、アイシロンの提供するIsilon IQスケールアウトNASを導入することにより、研究のためのデータを保護するための高い可用性や、大容量データを1つのボリュームで管理できる利便性、運用を止めずにストレージを追加できる優れた拡張性を実現することができます。

Isilon IQスケールアウトNASは、拡張時に運用を止める必要がなく、数分で作業が終わる点、重要なデータをロストしない高信頼性、ネットワーク上から同時に大量アクセスを可能とする高パフォーマンスを提供する製品です。SBTが持つ、Isilon IQスケールアウトNASのこれまでの導入実績に裏打ちされたノウハウにより、管理者が望むより質の高いシステム環境の提供が可能となり、研究者が安心して業務に取り組める環境を円滑かつ短期間に提供することができました。

今後SBTは、より安全で信頼性の高いシステム・ソリューションの提供を進めてまいります。

以上

・登録されている商標等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【アイシロン・システムズ株式会社 会社概要】

社名: アイシロン・システムズ株式会社
代表者: 代表取締役 ティム・グッドウィン
本社: 東京都渋谷区代々木1-22-1 代々木1丁目ビル12F
事業内容: ストレージシステム及び関連するハードウェア、ソフトウェア製品の開発、製造、輸入、販売、保守

 

■本件に関するお問合せ先:
【報道関係からのお問い合わせ】 【お客様からのお問合せ】

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
広報IR室 
TEL:03-5206-3316
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL:03-5206-3340
Email:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

 

このページのトップへ