ニュース News

プレスリリース

2009年

ソフトバンク・テクノロジー、BI導入を低コストでスタートできる
「BIスタートパック」の提供を開始

2009年9月1日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川 憲和、以下SBT)は、ビジネスインテリジェンス(以下BI)ソフトウェアの世界的なリーディングベンダーであるマイクロストラテジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、プレジデント:印藤 公洋、以下マイクロストラテジー)と業務提携し、9月1日より『BIスタートパック』の販売を開始します。

 

『BIスタートパック』とは、 マイクロストラテジーが提供するBIツール「MicroStrategy スタータキット」と、メモリデータベース「Altibase Hybrid RDBMS Server」を組み合わせて、BI導入を低コストでスタートするためのパック製品です。本製品を導入し、売上分析や顧客分析を行うことで、 “収益をもたらす顧客グループ”を特定する精度を高め、より効果的なマーケティングアクションの展開を期待することができます。 MicroStrategyのROLAPアーキテクチャ、インテリジェントなキャッシュと、高速な検索性能をもつAltibaseを利用することにより、最高のパフォーマンスを引き出すことが可能になります。

 

BI導入を成功させるためには、小さく始めて大きく育てる事が重要です。 これまで、BI導入を検討してはみたものの、初期導入コストの負担がネックとなり導入を見合わせていた多くのお客様にとって、 本製品は手軽にBIを始めるきっかけとなります。初期導入コストを最小限に抑えることで、費用対効果に対する心配や使いこなすことへの不安を払拭、導入効果を確かめながらBIツールを最大限に活用し、必要に応じて段階的に拡張していくことができます。

 

BIスタートパックの内容および費用

■ MicroStrategy スタータキット

- BI専業ベンダーとして世界でも実績豊富なMicroStrategy製品のライセンス初期導入費用が無料です。

- ライセンス年額保守料はライセンス定価の9%です。

- コンサルティング・トレーニング費用は150万円~

■ Altibase Hybrid RDBMS Server

- ライセンス初期費用は、初めの3ヶ月間は無料です。

- 4ヶ月目以降は、ライセンス月額利用料として、9万8千円~ となります。(ライセンス保守料込み)

※ MicroStrategyのライセンス保守料は、エンドユーザ(10User)及び、開発者向け(1User)のサンプル構成にて算出しています。

※ Altibaseについては、Altibase初期費用0円キャンペーンの内容に準じます。

 

『BIスタートパック』は、SBTが推進する” Online Business Solution & Service”のひとつの柱であるWebマーケティングソリューションと組合せることにより、お客様の企業経営に直結する戦略的Webマーケティングの実現を加速します。 

本製品の販売見込みは30社を目標としております。

 

SBTは、本製品の販売を通し、これまでの数々のインテグレーション経験を生かして、お客様のBI導入を成功に導くためにご支援します。

 

【マイクロストラテジー・ジャパン株式会社 会社概要】

社名: マイクロストラテジー・ジャパン株式会社
代表者: プレジデント 印藤 公洋
本社: 東京都千代田区一番町 13 - 1
新半蔵門ビルディング 2 階
URL: http://www.microstrategy.co.jp/
事業内容: ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアの開発、企画、設計、輸入及び 輸出、並びにこれに係るコンサルティング業務

■本件に関するお問合せ先

【報道関係からのお問い合わせ】

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
広報IR室
TEL 03-5206-3316
Mail sbt-pr@tech.softbank.co.jp
  マイクロストラテジー・ジャパン株式会社
マーケティング(担当:丹野)
TEL 03-3511-6712
Mail info-jp@microstrategy.com

【お客様からのお問合せ】

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
お客様窓口
TEL 03-5206-3340
Mail sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp
  マイクロストラテジー・ジャパン株式会社
マーケティング(担当:丹野)
TEL 03-3511-6712
Mail info-jp@microstrategy.com

BIスタートパック特別キャンペーンについてはこちら

このページのトップへ