ニュース News

プレスリリース

2008年

親会社等に関する事項について

2008年6月30日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
1. 親会社の商号等
 
親会社等 属性 親会社等の議決権
所有割合(%)
親会社等が発行する株券が
上場されている証券取引所
ソフトバンク株式会社 親会社 52.31% 株式会社東京証券取引所 市場第一部
   
2. 親会社等の企業グループにおける上場会社の位置付けその他の上場会社と親会社等との関係
 
(1) 親会社等の企業グループにおける上場会社の位置付け、親会社等やそのグループ企業との取引関係や人的・資本的関係

当社は、親会社であるソフトバンク株式会社の連結子会社です。当社は、ソフトバンク株式会社およびその企業グループ(以下、「ソフトバンクグループ」という)の中でテクノロジー・サービス事業に属しており、ソフトバンクグループ各社に対しネットワークおよびシステムのソリューション、サービスを提供しております。当期の連結売上高のうち、ソフトバンクグループへの売上高が占める割合は18.6%となっています。また、一部のハードウェアおよびソフトウェアをソフトバンクグループから仕入れております。
当社の役員(取締役6名、監査役4名)のうち監査役1名が、社外からの意見を求め、監査の有効性を高めるために、親会社の常勤監査役と兼務しております。他監査役1名が、親会社の財務部長と兼務しております。
   
(2) 親会社等の企業グループに属することによる事業上の制約、リスクおよびメリット、親会社等やそのグループ企業との取引関係や人的・資本的関係などの面から受ける経営・事業活動への影響等

ソフトバンクグループに属することによる事業上の制約・リスクはありません。ソフトバンクグループ会社との取引条件につきましては、一般の市場取引と同様に交渉の上決定しており、他と区別しておりません。
但し、当社連結売上高のうちソフトバンクグループへの売上高が占める割合は18.6%となっていることから、ソフトバンクグループの事業戦略に変更が生じた場合には、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
   
(3) 親会社等からの一定の独立性の確保の状況

当社は、親会社と協力関係を保ちながら事業展開する方針でありますが、親会社からの事業上の制約はなく、独自に事業活動を行っており、一定の独立性が確保されていると考えております。
   
3. 役員の兼務状況
 
役職 氏名 親会社等または
そのグループ企業での役職
就任理由
監査役 佐野 光生 親会社 ソフトバンク株式会社
常勤監査役
内部監査体制の強化を目的として当社から就任を依頼
  (注)当社の取締役6名、監査役4名のうち、親会社との兼任役員は当該1名だけであります。
   
4. 親会社との取引に関する事項
 
平成20年4月25日発表の「平成20年3月期 決算短信」34ページに記載しております「関連当事者との取引」をご参照ください。

以上

 

 

このページのトップへ