ニュース News

プレスリリース

2007年

商品が「なにも無い」状態からスタートしたショッピングサイトの秘密とは?
ユーザの紹介により販売商品が生まれ、ユーザ間のコミュニケーションにより
新たな人気商品に育っていく、ソフトバンク・テクノロジーが仕掛ける
究極の口コミショッピングサイト『e-モモンガ.com』

2007年2月8日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川憲和、以下ソフトバンク・テクノロジー)はブログ型コミュニティとショッピングサイトとを連携させたユーザ参加型ショッピングサイト『e-モモンガ.com』をオープンいたしました。

『e-モモンガ.com』は、近年のSNS(Social Networking Service)やブログといったCGM(Consumer Generated Media:ユーザ主導、作成によるコンテンツ)とインターネットショッピングサイトとを密接に連携させた、ユーザ主体の新しいモデルのサイトです。

その特長の1つは、サイトで販売する商品は「紹介」という形でユーザから投稿された商品の中から決定する「商品紹介サービス」です。商品の情報は専用のコミュニティに掲載され、他のユーザからの推薦や意見といったコメントを受け付けます。

またもう1つの特長は、推薦した商品の売上高が増加するなど、販売促進活動に対して商品券が送られてくる報酬制度です。さらに、商品に関するコミュニケーションから生まれる他のユーザとの新しい出会い、そして今まで知らなかった商品の発見など、様々な目的に応じてユーザに楽しんでいただける場を提供する工夫が盛り込まれています。

【『e-モモンガ.com』の特長】

(1)商品紹介サービス
  ユーザが主体となる取り組みとして、サイトには最初から商品を置かず、商品が何もない状態からスタート。販売する商品は、Web上で「紹介」という形でユーザから推薦された商品の中から決定されます。また、選ばれてサイト上に掲載された商品のページには、紹介者の「おすすめコメント」を掲載します。
(2) サイト専用サークル『いいも(も)んがどっとくる』開設
  サイトの専用サークル『いいも(も)んがどっとくる』では、紹介された商品の情報と紹介者の「おすすめコメント」が掲載される他、ユーザはそれらの商品について誰でも自由に閲覧・書き込みができます。各商品に関する使用感を話したり、質問をしてみたり、さらに自分の独自のサークルを作り好きな話題について話すなど自由な活動が可能です。また、同じ製品に興味を持ったユーザ同士がコミュニケーションを楽しめるだけでなく、既に商品を使用したユーザのコメントや追加された商品情報が信頼性の高い口コミ情報として蓄積されます。
(3) 報酬制度
  ユーザが紹介した商品のサイトでの販売が決定した時、また紹介した商品の毎月集計される売上の合計額が一定金額に達した場合、紹介者には規定の額の「商品券」が送られる仕組みとなっています。商品を紹介したユーザのサークル内での積極的な活動や、友人・知人への紹介などのアクションが推奨されます。

このように『e-モモンガ.com』は、従来の単なる購買目的のショッピングサイトとは違い、ユーザが売り手と買い手の双方の立場で活動する場として利用していただくことによって、インターネットショッピングに「楽しさ」の付加価値を創出していくという、これまでにないコンセプトで運営されています。

以上

■本件に関するお問合せ先

ASPサービス事業部 太田 貴子
TEL : 03-5206-3471
Mail : sbt-community@softbank.co.jp

 

このページのトップへ