ニュース News

プレスリリース

2006年

ソフトバンク・テクノロジーとトレンドマイクロが検疫ネットワークサービスで協業
「Trend Micro Network VirusWall 1200」と独自の監視ツールを組み合わせ、
セキュリティポリシーの遵守状況を通知する「検疫ネットワーク運用監視サービス」の販売を開始

2006年11月27日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川憲和、以下ソフトバンク・テクノロジー)は、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、以下トレンドマイクロ)と協業し、ネットワークウイルス対策機器「Trend Micro Network VirusWall 1200」(以下、Network VirusWall 1200)を用いた検疫ネットワーク運用監視サービスの販売を2006年12月4日より開始します。
サービスの開始にあたり、機器販売から導入、運用監視を含め初年度3億円の売上を目指します。

本サービスは、企業のネットワーク内で稼動している「Network VirusWall 1200」をソフトバンク・テクノロジーの監視センターから遠隔で監視、運用を行うサービスです。検疫ネットワーク運用監視サービスの開始により、ソフトバンク・テクノロジーでは「Network VirusWall 1200」を用いた検疫ネットワークの販売から導入・構築、監視、オンサイト保守までワンストップで提供できるようになります。

「Network VirusWall 1200」はブリッジとして設置するため、導入時にネットワーク構成を大幅に変更する必要がない上、クライアントにエージェントを導入することなく検疫ネットワークを構築できます。ソフトバンク・テクノロジーが独自に開発した監視ツールを用いて、膨大なログからセキュリティポリシーに違反した端末の情報をシステム管理者へメール通知したり、月次でのセキュリティレポートの提供を行います。メール通知サービスでは、IPアドレスに加えコンピュータ名を通知するため、セキュリティポリシーに違反した端末の追跡が容易です。
本サービスにより、これまで検疫ネットワークの必要性を感じながらも導入時のコスト、運用面の負荷等を懸念し導入に至らなかった企業において、運用の負荷を大幅に軽減して検疫ネットワークを管理することができます。

今後両社は、トレンドマイクロが検疫アプライアンスとしてリニューアルした「Trend Micro Network VirusWall Enforcer 2500」によるサービスの拡充も視野に入れ、情報セキュリティ分野での協業を深め、企業のお客様の様々なご要望に応えるソリューションを提供してまいります。

検疫ネットワーク運用監視サービスの概要

ソフトバンク・テクノロジーが提供している「Network VirusWall 1200」の販売、機器の導入、検疫ネットワークの構築に加え、下記の検疫ネットワーク運用監視サービスを開始します。

■ サービス内容
  ● リアルタイムでのメール通知
    Network VirusWall配下のWindows端末でセキュリティポリシー違反が発見された場合、違反端末のネットワークアクセスをブロックし、リアルタイムにシステム管理者へメール送信します。
下記項目でブロックされた理由と端末のIPアドレス、コンピュータ名が通知されます。(※1)
- Windowsパッチ未適用端末
- ウイルス対策ソフトウェアがインストールされていない端末 (※2)
- ウイルスバスター コーポレートエディションのパターンファイル・検索エンジンバージョンが古い端末 (※3)
- ネットワークウイルスに感染した端末
    (※1) 端末の環境によって、コンピュータ名が通知されない場合があります。
    (※2) クライアント端末にウイルスバスター コーポレートエディション、Symantec AntiVirus Corporate Edition 7.6以上、McAfee VirusScan(ePolicy Orchestrator エージェント3.0以上)の導入がされていない場合。
    (※3) ウイルスバスター コーポレートエディションが導入されている場合、パターンファイル・検索エンジンバージョンが社内で決められたものより古い場合。
 
  ● 月次でのセキュリティレポート提供
    レポートには、脆弱性診断、ウイルス対策ソフトの有無、パターンファイル番号等の項目毎によるブロック結果を記載し、セキュリティポリシー遵守状況が一覧できます。定期的に遵守状況を把握することで、システム管理者は企業内のセキュリティポリシー、システム、社員教育等を見直し、より効果的な運用を検討することが可能になります。
 
■ 料金
  運用監視サービス費用(消費税別)
月額:180,000円~
※別途、初期費用、導入支援費等がかかります。

以上

*TRENDMICRO、ウイルスバスターは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
*その他記載されている社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
   
【報道関係のお問合せ】
広報IR室
TEL 03-5206-3316
FAX 03-5206-3382
Mail sbt-pr@softbank.co.jp
【一般のお問合せ】
マーケティング部
TEL 03-5206-3340
FAX 03-5206-3386
Mail sbt-ipsol@softbank.co.jp
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
   
【報道関係のお問合せ】
マーケティングコミュニケーション課
広報担当:多賀谷、冨安、内田
TEL 03-5334-3658
FAX 03-5334-3648
Mail pressweb@trendmicro.co.jp
【一般のお問合せ】
※紙誌面に記載する場合はこちらをご利用ください。
営業部門代表
TEL : 03-5334-3650
このページのトップへ