ニュース News

プレスリリース

2006年

NEXCO東日本のドライブ旅行の総合ポータルサイト
「eNEXCOドライブプラザ」10月31日(火)リリース!

2006年10月26日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川憲和、以下ソフトバンク・テクノロジー)が立ち上げに協力した、東日本高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:八木重二郎、以下NEXCO東日本)のドライブ旅行のポータルサイト「eNEXCOドライブプラザ」が10月31日(火)より公開されます。NEXCO東日本はこれにより新規事業としてインターネット事業へ参入しますが、ソフトバンク・テクノロジーは今後のサイト運営につきましても、全面的に協力してまいります。 

◆eNEXCOドライブプラザは、3つの「日本初!」があります。

(1)日本初!首都高速など都市高速も網羅した高速道路料金・ルート検索システムの提供
大手経路探索ソフト『駅すぱあと』のエンジンを使用することで、直感的に検索を行うことができるなど、ユーザー操作性が飛躍的に向上します。地図をマウスで自在に動かしたり、通過するSA・PAや検索したルートを地図で表示できるなど、今までの料金・ルート検索システムにはない機能が充実しています。
また、高速道路ルート検索エンジンを一部公開することで、多くのユーザー及び企業が、本サイトのサービスを自らのサイト上で提供しやすい環境も整備します。
   
(2)日本初!高速道路会社が運営するコミュニティ・サービス
高速道路会社自らがドライブ旅行者などが意見交換を行う「広場(プラザ)」を開設し「ドライブファン」「高速道路ファン」の交流の場を提供します。
   
(3) 日本初!SAテナントによるSA・PAブログの開始
  主要なSA・PAテナントから直接情報を発信することで、SA・PAにまつわる旬な話題をリアルタイムで提供します。

◆eNEXCOドライブプラザの収益モデル

eNEXCOドライブプラザは、高速道路というインフラを管理するNEXCO東日本が運営するサイトであるがゆえの強みを生かし、『ネットとリアルの融合』を意識した収益モデルとしました。 
ネット上での収益モデルとしては、ネットショップによる通信販売やWeb広告が主ですが、今後、様々なコンテンツ作成者との共同事業の中で、リアル(高速道路やSA・PAの現場)での展開も進め、その相乗効果を活かした、新しい収益モデルを検討していきます。

[ NEXCO東日本における『ネットとリアルの融合』イメージ ]

 

re2006-01.gif

 

 

◆「ドライブ旅行に関連する総合サイト」を目指して

当初は、「高速道路情報中心のサイト」として公開しますが、今後は、「ドライブ旅行に関連する総合情報サイト」として、多くのユーザーならびにコンテンツ・ホルダーが参加できる、これまでにない新しいサイトとして展開していきます。

■サイト名 eNEXCOドライブプラザ(http://www.driveplaza.com
■リリース日 10月31日(火)
■協力企業 □ ソフトバンク・テクノロジー株式会社(全体・通信販売)
□ 株式会社ヴァル研究所(ルート検索エンジン)
□ 株式会社アドバンスト・リンク(全体)
□ 株式会社ジェイヤド(宿泊)
□ 株式会社エイベック研究所(コミュニティ)
□ シックス・アパート株式会社(ブログ)

 

【 「eNEXCOドライブプラザ」の概要 】

◆日本初!首都高速など都市高速も網羅した高速道路料金・ルート検索システムの提供 

本サイトの中心となるコンテンツである高速道路ルート検索について、ユーザーの操作性を飛躍的に向上させるため、大手経路探索ソフト『駅すぱあと』のエンジン及び路線図を利用しています。
また、検索結果には、全国の都市内高速道路を含んだ高速道路の最適ルートや通行料金のほか、渋滞予測を加味した所要時間、ETC割引料金などを表示するとともに、旅先周辺のおすすめ旅館の紹介などもしていきます。

 

re2006-07.gif

[ 図1 高速道路ルート検索イメージ ]

 

 

re2006-03.gif

[ 図2 高速道路専用地図イメージ ]

 

◆ 日本初!高速道路会社が運営するコミュニティ・サービス

 誰もが自由にメッセージを書き込むことのできるコミュニケーション機能を用い、ユーザーの口コミ情報を集め、それをサイト内で閲覧し意見交換することができるサービスを提供します。コミュニケーション機能には、株式会社エイベック研究所が提供するコミュニティマーケティング・ツール『サークルプレイヤー』を採用しています

 

re2006-04.gif

[ 図3 ドライブプラザ・コミュニティ イメージ ]

 

◆ 日本初!SAテナントによるSA・PAブログの開始

高速道路内で実施されているイベントやSA・PAの現場情報を積極的に配信していくことで、可能な限りリアルタイムな情報提供を実現します。

 

re2006-05.gif

[ 図4 SA・PAブログイメージ ]

 

 

以上

■ 本件に関するお問合せ先

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
広報IR室
TEL 03-5206-3316
FAX 03-5206-3382
Mail sbt-pr@softbank.co.jp
関連サイト ワンストップECサービスご紹介サイト
このページのトップへ