ニュース News

プレスリリース

2006年

ソフトバンク・テクノロジー、IMAGICAデジックスとADVA
株式会社IMAGICAに光ファイバーを利用した
CM編集向け映像伝送システムを導入
~CM編集作業の効率アップとスタジオ間インフラの強化を実現~

2006年3月27日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ブロードバンドソリューション&ASP Enabling™ サービスを提供するソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長・石川憲和、以下ソフトバンク・テクノロジー)と映像商社の株式会社IMAGICAデジックス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長・尾崎憲一、以下IMAGICAデジックス)は、映像総合サービスの最大手である株式会社IMAGICA(本社:東京都品川区、代表取締役社長・長瀬文男、以下IMAGICA社)の都内にあるCM編集スタジオ2拠点間(銀座七丁目スタジオ~麻布十番スタジオ)を光ファイバーと、光ネットワーク機器販売のアドバ・オプティカル・ネットワーキング株式会社(本社:ミュンヘン(ドイツ)、代表取締役社長・加鹿秀人、以下ADVA)のWDM光伝送装置(*)で構成する伝送インフラ『BB WAN®/FCサービス(**)』を用いた、非圧縮HD映像の編集・伝送システムを導入いたしました。

従来、非圧縮HD映像の編集作業を行うためには、映像編集機器が直接接続された環境で行う必要があり、離れた拠点間で映像編集を共同で行うためには、映像データを記憶したテープやディスクなどの外部記憶装置を持ち運ぶ方法に限られていました。両スタジオ間を『BB WAN®/FCサービス』で接続することにより、編集作業の一部を、遠隔地からでも行うことが可能になりました。例えばテープのコピー作業をオンラインで正確かつリアルタイムに転送することで、映像データの搬送経費削減および時間短縮が確認されています。今年度中は試験運用を行い、来年度本格運用を検討します。  IMAGICA社としては、CM編集作業の効率化のためのひとつの手段として、数ある伝送システムの中から高画質画像の信頼性と速さを兼ね揃えつつも自社のスキームに適したシステムを選択する必要がありました。編集スタジオ間を接続することにより、例えばHDテレシネの画像を離れた拠点スタジオ間へ、画質を落とすことなく、リアルタイムに伝送することが可能になり、大幅な効率化が可能となります。
将来的には、今回導入した2箇所のCM編集スタジオ以外の拠点への導入も検討しており、編集システムやビジネスパートナー間との情報共有のための重要なインフラとして、IMAGICA社の総合力をより強く発揮できるものと期待しています。

ソフトバンク・テクノロジーとIMAGICAデジックスは連携し、『BB WAN®/FCサービス』による、高品質デジタルデータ通信インフラの提案を、積極的に推進し、今後更に加速するデジタル化の中で、映像編集・放送業のビジネススタイルの変革のきっかけになるよう活動してまいります。

BB WAN/FCによる高速伝送ソリューションの導入によりもたらされるメリット

  従来の高額な専用線とは比較にならない低コストな専用高速ネットワークの構築が可能
  遠隔地においても非圧縮HD映像のリアルタイム伝送、RS-422制御信号のリアルタイム接続が可能
  高速ネットワーク接続による映像ストレージサーバーの共有が可能
  TV番組、アニメ、映画など各種デジタルコンテンツ制作コストおよび製作時間の削減が可能
  同一ネットワークに複数のインターフェースを容易に追加可能

■ 導入システム

(*)WDM (Wavelength Division Multiplex)装置:

  これは、光ファイバーを使った通信技術の一つで、1対または1芯の光ファイバーに波長の違う複数の光信号を多重化する事により情報伝送量を飛躍的に増大させることができる装置。ADVA社のWDMは、CWDM(低密度多重)、DWDM(高密度多重)、TDM(時分割多重)、光アンプなどの技術により、1対の光ファイバーで、8Mbit/sから10Gbit/sの通信速度のアプリケーションを最大512個、500km程度の距離を伝送することができます。(1芯ソリューションも対応可能)。ADVA社の光ネットワーク製品群には、FSP 150、FSP 1500、FSP 2000、FSP 3000 、FSP 運転監視ソフトウエア(Management Suite)などがあります。

(**)BB WAN®/FC ダークファイバー接続サービス:

  ソフトバンク・テクノロジーが展開するブロードバンドソリューション「BBExpert®」シリーズの1つで、光ファイバー"ダークファイバー"を活用した、顧客のニーズに合わせて構築する低コスト且つインターフェースバラエティが充実した通信サービスです。既に企業内通信インフラとして企業様にご導入いただいており、2年以上の安定運用実績を持ちます。

以上

■会社概要

【株式会社IMAGICAデジックス 会社概要】

社名: 株式会社IMAGICAデジックス
代表者: 尾崎 憲一
本社: 東京都千代田区永田町1-11-30サウスヒル永田町3階
URL: http://www.digix.imagica.co.jp/index.html
資本金: 3,000万円
事業内容: 株式会社IMAGICAデジックスは、ビデオ、フィルム、アニメなどの映像市場全般に向けて、世界でも注目される最新製品の輸入販売を行う映像商社です。それぞれに異なるニーズに合わせた製品はもちろんのこと、これまでに蓄積してきた技術やノウハウによるコンサルティング、並びに迅速で確実なサポートで、より良い制作環境の構築から円滑な運営までをお手伝いします。また、各種製品を永田町ショールームに常設し、お客様の要望に添ったデモやセミナーを開催しています。設立当初からのモットーである『お客様第一主義』に基づいた営業とサポートは、業界から多くの支持を頂いています。

【アドバ・オプティカル・ネットワーキング株式会社 会社概要】

社名: ( 本 社 )ADVA AG Optical Networking 
(日本法人)アドバ・オプティカル・ネットワーキング株式会社
代表者: ( 本 社 )Brain Protiva 
(日本法人)加鹿 秀人
本社: ( 本 社 )ミュンヘン(ドイツ)   
(日本法人)東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル4F
URL: http://www.advaoptical.com/
設立: ( 本 社 )1994年 
(日本法人)2000年
資本金: ( 本 社 )約3,200百万円 
(日本法人)30百万円
従業員: ( 本 社 )600人(平成17年12月31日)  
(日本法人)非公開
売上高: ( 本 社 )18,000百万円(2005年)  
(日本法人)非公開
事業内容: アドバ・オプティカル・ネットワーキング(株)は、世界有数(メトロエリアWDM:2004年実績世界2位)の光ネットワーク製品を製造、販売し、ソリューションを提供するするドイツADVA社の日本子会社です。同社は、すでに世界中の100社以上の通信/ISP事業者、数千社に上る一般企業のお客様に対して、高速データ、ストレージ、音声、ビデオ等のサービスでの、迅速かつコスト効率の良い光ソリューションを提供しています。

*BB WAN、BB Expert、ASP Enablingは、ソフトバンク・テクノロジーの商標または登録商標です。
*その他記載されている社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

【報道関係のお問合せ】

株式会社IMAGICAデジックス
営業促進課 
柿澤 茂
TEL 03-3595-9101
Mail shige@digix.imagica.co.jp
  ソフトバンク・テクノロジー株式会社

広報IR室
TEL 03-5206-3316
Mail sbt-pr@softbank.co.jp
     
アドバ・オプティカル・ネットワーキング株式会社
営業部
TEL 03-5408-5891
Mail info-japan@advaoptical.com
   

【一般のお問合せ】

株式会社IMAGICAデジックス
営業部 
藤木 紀彰
TEL 03-3595-9101
Mail fujiki@digix.imagica.co.jp
  ソフトバンク・テクノロジー株式会社
ソリューションマーケティング部
藤本
TEL 03-5206-3316
Mail sbt-ipsol@softbank.co.jp
     
アドバ・オプティカル・ネットワーキング株式会社
高山 尚久
TEL 03-5408-5891
Mail ntakayama@advaoptical.com
   
関連サイト Omniture SiteCatalyst®ご紹介サイト
このページのトップへ