ニュース News

お知らせ

2016/11/30
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

「たてよこWebアワード」公式サイトにFONTPLUS採用
昨年に続きFONTPLUSが採用され、たて・よこ・ななめ書きでWebフォントの柔軟性を表現

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、縦書きと横書きが効果的に使用されているWebサイトを表彰する「たてよこWebアワード」(主催:縦書きWeb普及委員会)に協賛しますのでお知らせします。また、本アワードの公式サイトには、SBTが提供する「FONTPLUS(フォントプラス)」のWebフォントが採用されています。

「たてよこWebアワード」について

「たてよこWebアワード」は、昨年開催された「縦書きWebデザインアワード」の応募要件をより柔軟なものとし、個人作品から商用サイトまで対象を広げ、縦書きと横書きが効果的に使用され、これからのウェブスタンダードの指標となる優れた表現・技術・アイディアを、法人・個人に関わらず表彰するアワードです。
募集対象者は、主にWebデベロッパー、デザイナー、クリエーターなど(年齢、国籍、個人、法人は問わない)となっています。新規に制作したWebサイトだけでなく、既存のWebサイトや商用サイトの応募も可能となっています。

▼ 「たてよこWebアワード」の詳細はこちらをご覧ください。
http://tategaki.github.io/awards/

※ 本お知らせに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

このページのトップへ