ニュース News

お知らせ

2016/5/18
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

マイクロソフトの技術コンファレンス「de:code 2016」出展のお知らせ
IoTをビジネス拡大へつなげるポイントや、クラウドを活用した独自ソリューションをご紹介!

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、2016年5月24日(火)、25日(水)に開催される「de:code 2016」(主催:日本マイクロソフト株式会社)にプラチナスポンサーとして出展しますのでお知らせします。

出展およびセミナー内容について

「de:code 2016」は、日本マイクロソフト株式会社(代表執行役 社長:平野 拓也、以下マイクロソフト)が主催しインフラ技術者、開発者をはじめ、IT に携わるすべてのエンジニア向けに開催される、年に1度の技術コンファレンスです。
SBTは本イベントに出展し、スポンサーセッションにおいて「間違いだらけのIoTプラットフォーム~今すぐビジネス拡大に繋げるためのデータ基盤構築~」と題した講演を行います。IoTをビジネス拡大へつなげるにあたり障害となるポイントを整理し、企業が抱える課題への不安をどのように乗り越えるべきかをご紹介します。

■ 講演内容

タイトル 間違いだらけのIoTプラットフォーム
~今すぐビジネス拡大に繋げるためのデータ基盤構築~
セミナー概要 あらゆるモノがインターネットに接続されるIoTによって、ビジネス拡大への期待が高まっています。一方で、セキュリティやビッグデータ処理、データ分析など、さまざまな課題への不安から、最初の一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。
本セッションでは、IoTをビジネス拡大につなげるにあたり、障害となるポイントを整理し、それらをどのように乗り越えるべきかをご紹介します。
講演日時 5/24(火)12:45~13:30/会場 ROOM B
登壇者 白石 卓也 技術統括 データソリューション本部 データサイエンス部
エキスパートデータアナリスト 白石 卓也

2012年4月にソフトバンク・テクノロジーに入社。
情報システム・セキュリティ部に所属し、社内SharePoint、ワークフローの導入などに従事する。
2014年4月からはデータサイエンス部において、マーケティングデータ、センサデータ等の分析を行う。
湯下 達郎 技術統括 IoTプラットフォーム本部 IoTソリューション部
湯下 達郎

2013年4月にソフトバンク・テクノロジーに入社。
プラットフォーム部に所属し、 Microsoft Azure を主としたクラウド基盤の導入に従事する。IaaS・PaaSを組み合わせた最適なクラウド基盤の提案・設計・構築を行う傍ら、アプリケーション開発も行っている。
出展ブース 小間番号:PS05
SBTがお勧めする最新のクラウドソリューションをご紹介いたします。
  • IoT構築支援サービス
    IoTの流れが加速している現在では、膨大なデータをどのように取得、可視化するかは大きな課題です。SBTではAzure IoT Suiteを利用しデータ取得、可視化をリアルタイムで行うためのサービスを構築しました。
    そのサービスをブースにてご紹介いたします。
  • ビジネスに利用できる統計分析
    統計解析/機械学習の専門家「データサイエンティスト」が多数在籍するSBTでは、Azure Machine Learning (Azure ML)と統計学を用いて様々な対応を行ってきました。ブースではAzure MLを利用したデモをご用意しております。デモを交え私共がこれまで対応してきたノウハウについてブースでご紹介させていただきます。

■ de:code 2016概要

日時 2016年5月24日(火) 10:00 - 20:30 (受付開始 9:15 予定)
2016年5月25日(水) 9:30 - 18:30 (受付開始 9:00 予定)
会場 ザ・プリンスパークタワー東京
参加費 有料/事前登録制
公式サイト https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2016/

※本お知らせに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

このページのトップへ