ニュース News

お知らせ

2016/3/15
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

【SBT導入事例】東海澱粉に標的型攻撃メール対策としてFireEye ETPを導入

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(以下SBT)は、東海澱粉株式会社(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:森 憲司)の標的型攻撃メール対策として、導入コスト・運用負荷を軽減できるクラウド型セキュリティソリューション「FireEye ETP」の導入事例を公開しました。

▼ 本事例の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.jp/case/list/tokai-denpun/

▼ SBTが提供する「FireEye」の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.jp/service/list/fireeye/

※ 本お知らせに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

このページのトップへ