社長メッセージ

代表取締役社長 CEO 阿多 親市

平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

2017年3月期は、「デジタルマーケティング」「プラットフォームソリューション」「クラウドシステム」いずれの事業も堅調に推移しました。特に公共分野のビジネスが進展し、地方自治体のセキュリティ対策や日本の農業活性化を支援するプロジェクトの受注等により売上高は500億円を超え、過去最高となりました。期初に掲げた100名採用を達成し、プロジェクト管理の国際的な標準資格であるPMPの取得者も100名を超えました。

当社は、IoT時代に最も必要とされるクラウド企業となることを命題に、2016年4月より「クラウドへの集約」「IoTビジネスの開発」「経営基盤の強化」の3つを基本戦略に掲げ、邁進しております。

●クラウドへの集約
クラウドの技術力と実績を強みに、戦略領域となるビッグデータやAI、セキュリティ等をクラウド上で融合し、ワンストップで提供する提案を強化しています。

●IoTビジネスの開発
先端技術の教育・実証実験などへの積極投資の継続、データ活用やAIによる価値創出を推進するほか、子会社群においてThings側となるIoTデバイスへの価値創出にも注力しながら、「サービス利用料×デバイス数」でスケール可能なビジネスモデルの構築を目指しています。

●経営基盤の強化
プロジェクト管理強化の取り組みを継続しながら、ノウハウ共有および開発パートナーとのリレーションシップの強化のほか、人材獲得と定着、生産性向上のための働き方改革を推進していきます。

2018年3月期は、クラウド上でのシステム開発を中心に積み上げた過去最高の受注残を着実に対応するとともに、当社グループの技術基盤を活用したIoT実証実験への投資を継続していく考えです。また、パートナー制度導入による開発プロジェクトの分業体制構築に着手するほか、運用サービスの生産性と品質向上に向けたAI活用や、お客様のビジネスパートナーにステップアップするための教育への投資を実施してまいります。

コーポレートスローガン「One! SBT」の下、グループ企業と共に従業員一丸となって大きな成長を目指してまいりますので、今後とも変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ