CSR CSR for Shareholders

株主様への取り組み

タイムリーな情報開示の推進

適正な取引先管理、販売管理システムの運用により当社は、株主・投資家へのタイムリーで適切な情報開示を行うことを基本方針としています。決算説明会(半期)のほか、株主通信の発行(半期)、WEBでの情報開示(随時)を推進しています。

より開かれた株主総会をめざして

当社では、より多くの株主の皆様に参加いただけるよう、定時株主総会を、他社の開催が集中する時期を避けて開催しています。

また、株主総会では、経営方針や事業概況をより深く理解していただくために、写真やグラフを活用したプレゼンテーションによる経営近況報告を行っています。

コーポレート・ガバナンス

当社では、持続的な成長と中長期的な企業価値向上のためには、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みを適切に整備することが必要不可欠であると考え、継続的にコーポレート・ガバナンスの充実を図っています。

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方、コーポレート・ガバナンス体制
コーポレート・ガバナンス報告書

事業継続計画

当社グループでは事業継続計画を定め、あらかじめ想定された緊急事態に対処できるよう無停電データセンターの確保、通信回線冗長化、在宅勤務可能な機器設備の用意などを進めており、さらにサービスの重要度にもとづく優先順位を設定し、一部サービスを縮退して継続的に提供する契約形態の採用などの施策を用意しています。

このページのトップへ